大学院概要 | 事業を生みだし、未来を創る、事業構想大学院大学(東京・表参道)
  1. home
  2. 大学院について
  3. 大学院概要

About大学院概要

大学院概要

大学名 事業構想大学院大学 (専門職大学院)
設置者 学校法人日本教育研究団
理事長 東 英弥
大学所在地 東京都港区南青山3-13-16 東京メトロ・表参道駅徒歩1分
設置研究科 事業構想研究科事業構想専攻
入学定員 30 名
学位 事業構想修士(専門職) MPD (Master of Project Design)
学長 田中 里沙
修業年限 2 年
修了単位数 34 単位以上
授業日 平日夜間ならびに土曜日昼間
開学 2012年4月1日
附属機関 事業構想研究所 事業構想大学院大学出版部
関係団体 社会情報大学院大学、地域活性学会
認証評価機関 公益財団法人大学基準協会
認定期間 2017年4月1日~2022年3月31日
評価結果 「適合」

専門職大学院とは

専門職大学院は、科学技術の進展や社会・経済のグローバル化に伴う、社会的・国際的に活躍できる高度専門職業人養成へのニーズの高まりに対応するため、高度専門職業人の養成に目的を特化した課程として、平成15年度に創設されました。特徴としては、理論と実務を架橋した教育を行うことを基本としつつ、1.少人数教育、双方向的・多方向的な授業、事例研究、現地調査などの実践的な教育方法をとること、2.研究指導や論文審査は必須としないこと、3.実務家教員を一定割合置くことなどを制度上定めています。

附属機関

事業構想家の育成に資する活動や社会提言を通じて、新産業・新事業の創出と地域の活性化を支援

プロジェクト研究や教育・情報交換会の開催を通じて、事業構想や製品開発を促進するための拠点としての役割を担います。産業や企業の国際競争力の向上ならびに地域を活性化させる事業構想を考案することを目的とし、以下のミッションを遂行します。

新事業・新製品が次々と生み出されるような事業環境の拠点を、全国に整備します。この拠点を介して全国各地の企業や産業、公共団体が事業構想のネットワークを形成し、知的財産や生産要素などを相互に活用することで、世界に通用する新産業・新事業の創出を促します。

事業構想研究所におけるさまざまな活動を通して、新規事業や新商品・サービスを構想し実現できる人材を育成します。

事業構想大学院大学 出版部

事業構想の理解を深め、実践するためのさまざまな情報の収集・発信

世界最大級の事業構想データベース「月刊事業構想」を発行しています。「月刊事業構想」は2012年9月に創刊し、事業、社会、日本の活性化に貢献することを目指します。

また、事業構想に関連する雑誌や書籍の企画・出版も行っており、経営・CSRの本質を説く『人間会議』『環境会議』をはじめ、月刊事業構想の別冊として「季刊環境ビジネス」や「防災ガイド」なども発行しております。 院生は豊富な資料や文献を入手することができるだけでなく、その研究成果を発信する場にもなります。

関連団体

社会情報大学院大学

詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.mics.ac.jp/