患者や家族の思いを紡ぐEmotional Analyzerを利用した地域還元型医療システム事業の構想 | 事業を生みだし、未来を創る、事業構想大学院大学(東京・表参道)
  1. home
  2. 修了生・在学生
  3. 患者や家族の思いを紡ぐEmotional Analyzerを利用した地域還元型医療システム事業の構想

Alumni Project修了生プロジェクト

患者や家族の思いを紡ぐEmotional Analyzerを利用した地域還元型医療システム事業の構想

【事業承継、地域活性】

プロジェクト概要

守島亜季(在学中)もりしま・あき
MPD 期生
医療法人社団つむぎ会 守島医院 院長・理事長(医師)

新しい価値観で自身の理想を描く

6年前に先代の父から事業を承継し、クリニックの院長を務めています。患者さんやご家族にとって質の高い良い医療を行っていくためには、経営者としてクリニックの運営を一定の水準で維持することが必要であると考えています。これまでは経営学について腰を据えて学ぶ機会はありませんでしたが、経営者としても学びを深めたい一心で、実践的な経営力を身につけられる大学院を探しているなかで本学に出会いました。

複数の大学院を見学し、本学を選んだ理由は、事業や経営を「デザインする」という考えに共感をしたからです。経営では利益を上げることが必要ですが、単に収益を伸ばすだけでは思い描く理想や志を真に叶えることはできないと感じています。経営上の理想と現実の乖離を埋めながら、理想や志を軸に収益化を目指し、継続できる事業として立ち上げるために必要不可欠なものが、自分自身の志の根底を支える事業構想だと思います。

本学で多職種・多業種の教員や院生の意見を聞きながら、思い描く理想に色付けをし、構想として膨らませていく。教員に教えていただく受け身の姿勢ではなく、新しい観点や価値観を自分自身で培っていく。それを実感できるのが本学の魅力だと感じます。

2年次では演習科目が始まり、2名の教員の演習を受けることができます。演習は少人数制で教員との距離も近いので、1年目とはまた異なる新たな視点で意見を聞くことができ、密度の濃い時間を過ごしています。

私は「事業承継者」であり、また「地域の活性化」の一端を担いたいという想いが背景にあり、本学の院生の対象者の2つに当てはまっています。現在はクリニックを拠点とし、医療のみならず、地域の皆さまの生活や人生を豊かにサポートできるような事業構想を考えており、構想計画に落とし込む段階にきています。本学で学ぶことを一つ一つ自分の糧にしながら、理想を形にできるような構想を練っていきたいと考えています。

update

2017年1月 本プロジェクトを公開