スポーツから発展させた実践的な事業構想 | 事業を生みだし、未来を創る、事業構想大学院大学(東京・表参道)
  1. home
  2. 修了生・在学生
  3. スポーツから発展させた実践的な事業構想

Alumni Project修了生プロジェクト

スポーツから発展させた実践的な事業構想

ープロ野球界からのセカンドキャリア創出支援ー

【新規事業】

プロジェクト概要

古木克明ふるき・かつあき
MPD 3期生
一般社団法人スポーツFプロジェクト 代表理事(元プロ野球選手)

アスリートこそ「知ること」「学ぶこと」が大切

現役スポーツ選手に対して、現役時代からビジネスへの興味・関心を持ってもらうための教育的施策を提案していきたいと考えています。本職の傍らビジネスの素養を身につけることで、引退後のセカンドキャリアへのスムーズな移行を図るという狙いの他に、例えばファンサービス等、自身を取り巻く一連のビジネスの流れを把握することにより、本職でのモチベーションの向上、またファンサービスの質の向上といった波及効果も望めるという期待もあります。

引退後の選手のセカンドキャリアへの転身に目を向けると、事業経営に失敗してしまう例も数多く見受けられます。最大の要因は、やはり自身にビジネスの素養が身についておらず、経営学に暗いことであると考えられます。プロの世界を経験した選手達の目的へ向かう集中力は凄まじいものがあり、そのパワーを次のステージで充分に発揮させるためにも、早くから経営学を学んでもらいたいと考えています。

本学で学び得た知識や経験を現役のスポーツ選手たちに伝えることが、セカンドキャリアへの転身に際して、ビジネスに関する知識・スキルの必要性を身を以て感じた私の使命だと感じています。引退後も活躍し続けられる未来を創造することが、今後のスポーツ界にとっての大きな課題です。プロスポーツ選手がこれからも夢の職業であり続けるために、本学で学んだ事業構想を実践し、その一翼を担いたいと考えています。

update

2016年11月 本プロジェクトを公開