インバウンドを促進する外国人観光客向けホステル | 事業を生みだし、未来を創る、事業構想大学院大学(東京・表参道)
  1. home
  2. 修了生・在学生
  3. COZY&GROOVY HOSTEL

Alumni Project修了生プロジェクト

COZY&GROOVY HOSTEL

~異文化交流を生み、豊かな東京エクスペリエンスを約束する宿~

【起業、事業承継】

プロジェクト概要

河津 考樹かわつ・たかき
MPD 1期生
株式会社コーテリー 代表取締役

事業承継に向けて、新規事業を創出

事業継承者として、新しい不動産プロジェクトを構想するために大学院に入学しました。現在の構想が固まったのは、2年次の秋ごろです。不動産業の知見から「建物や空間を活かす」ことを軸に、海外に留学した経験や、海外各地を回った旅好きの一面から「インバウンドに関わるプロジェクトをやりたい」と思い、構想計画にまとめました。社会的な課題認識としては、訪日外国人観光客が増加している一方で、都心の宿泊部屋数は足りていないこと。また、既存のホステルは数が少なく、利便性、デザイン性や快適性がそれほど高くないものがほとんどです。手頃な価格のホステルは、日本を訪れる外国人の層を広げ、インバウンドの強化にもなります。このホステルは赤坂という都心に位置し、デザイン性と快適性にこだわり、カフェとバーを併設していて、近くのオフィスの人や住民も気軽に来店できます。その中で地域の人と外国人観光客の交流の場もつくっていきたいと考えています。

大学院には多様な業界の教員、院生がいることが魅力です。異業種の方の話を聞き、構想を話し合うことで、頭が柔らかくなり、視野を広げることができました。マーケティングや地域活性の考えも含め、業界外の視点やビジネスモデルを研究したことが、同業者とは異なる事業展開に繋がっています。

update

2015年11月 本プロジェクトを公開