1. home
  2. 入学案内
  3. 教育訓練給付金・教育ローン・学費支援制度

Loan教育訓練給付金・教育ローン・学費支援制度

本学の学費お支払いには、各種教育ローンがご利用いただけます。また、在学中は本学が教育ローンの金利手数料を支援する制度があります。
無料セミナー&説明会では、教育訓練給付金の受給方法につきましてもくわしくご説明いたします。お気軽にご参加ください。

教育訓練給付金

2017年4月入学生より、厚生労働省の教育訓練給付金(専門実践教育訓練)の対象講座に指定されました。これにより、国から最大で96万円が給付されます。2年間の学費330万円(入学金および授業料の総額)のうち96万円が給付されますので、実質学費は234万円となります。

教育訓練給付金(専門実践教育訓練)の概要

(1)教育訓練給付金とは?
教育訓練給付金は、社会人の中長期的なキャリア形成を目的として、 国が学費の一部を助成するものです。専門実践教育訓練は、専門職大学院をはじめとする高度な教育研修プログラムを対象に給付額が増額されている制度です。

(2)対象となる方
・会社員として、雇用保険に2年以上連続して加入していること。
(企業経営者は雇用保険に加入できないため対象外)
・教育訓練給付金を受給したことがある場合、2014年9月までに受講した方。
(2014年10月以降の受講は対象外)
※上記以外にも詳細な要件があります。事前に必ずご確認ください。また、ハローワークでご自身が適用されるかどうか照会することができます。

(3)給付金額
96万円(2年間での合計最大額)
※制度の詳細につきましては、ハローワークインターネットサービスの「専門実践教育訓練」の欄で必ずご確認ください。

入学前に必要な手続き

原則として3月10日(金)までにハローワークで手続が必要です。出願前でも手続することは可能ですので、お早めにご準備されることをお勧めいたします。

(1)申請前に必要な準備
ハローワークで申請する前に、下記1または2のいずれかの準備が必要です。

1.勤務先に下記証明書に記入、押印してもらう。
専門実践教育訓練の受講に関する事業主の証明書(pdf download
(記入例・pdf download

2.「ジョブ・カード」を自分で作成して、キャリア・コンサルティングを受ける。
手順
i)キャリア・コンサルティングの予約をする
電話:03-6856-4961 受託会社:株式会社セントメディア(平日8:30-17:15)
※平日以外に土曜や夜間の時間帯も予約できます。
※会場:ハローワーク新宿(新宿駅西口。エルタワー23階)ほか

ii)下記ウエブサイトからダウンロードして、ジョブカードを作成する
「ジョブ・カード制度総合サイト」
ダウンロードしたシステムで、下記の書類を作成します。(所要時間2~3時間)
・キャリアプランシート(様式1)
・職務経歴シート(様式2)
・職業能力証明(免許・資格)シート(様式3-1)
・職業能力証明(学習歴・訓練歴)シート(様式3-2)
※これらをプリントアウトしたものが「ジョブ・カード」です。

iii)キャリア・コンサルティングを受ける
・「ジョブ・カード」と印鑑を持参。
・「ジョブ・カード」の様式1-1にキャリア・コンサルタントが所見を記入し、あわせて、「コンサルティング実施証明書」を発行してもらえます。(所要時間約1時間)
この書類が申請の際に必要です。

(2)申請の際に必要な準備
1.申請窓口は?
ご自身の居住地を管轄しているハローワークです。
窓口に本人が出向いて手続してください。
本人以外の方が申請する場合は委任状が必要です。
また、やむを得ない事情がある場合は郵送でも受け付けていますが、必ず事前に所管のハローワークに電話して確認、了解をとってください。
◇ハローワークの所在地・連絡先
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html
業務時間 8:30-17:15(平日)

2.必要書類
下記の書類が必要です。
i)教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格確認票
pdf download(ハローワークでも配布しています)
 確認票「7」、「8」の欄には下記内容をご記入ください。
 7. 指定番号:【48134-171001-3】
 教育訓練施設の名称:【事業構想大学院大学】
 教育訓練講座名:【事業構想研究科事業構想専攻】
 8. 受講開始予定年月日:【平成29年4月10日】
 受講修了予定年月日:【平成31年3月23日】

ii)(1)申請前に必要な準備で準備した下記のうちいずれか1つ
・「専門実践教育訓練の受講に関する事業主の証明書」または
・キャリア・コンサルティングの証明書(1年以内)とジョブ・カード(コンサルタントの所見付き)

iii)本人・住居所確認書類及び個人番号(マイナンバー)確認書類
【1点のみでOK】運転免許証
【2点必要】パスポート、住民票か印鑑証明書、健康保険者証カード

iv)雇用保険被保険者証(またはコピー)

v)写真2枚(最近の写真、正面上半身、縦3.0cm×横2.5cm)

vi)金融機関の通帳またはキャッシュカード

よくあるご質問

Q.受給資格があるかどうかわかりません。確認する方法はありますか。
A.お住まいの住所を管轄するハローワークで確認できます。「教育訓練給付金支給要件照会票」を提出すれば、その場で回答されます(pdf download)。ハローワークに行くことが困難な場合は、運転免許書のコピーを添えて郵送でも対応してもらえます。くわしくはハローワークでお尋ねください。受給要件があるかどうかわからない方は事前に確認することをお勧めします。

Q.教育ローンを利用予定ですが、教育訓練給付金と併用できますか?
A.併用できます。

Q.会社から一部学費の支援がある予定ですが、利用できますか?
A.自己負担額が対象ですので、減額されます。

Q.給付金は最大96万円とありますが、いつ支給されますか?
A.1年次10月32万円、2年次10月32万円、修了後32万円の、計96万円となります。

Q.いつまでに手続きすればよいですか?
A.原則として3月10日(金)までに手続をしてください。出願前でも手続可能ですので、早めに準備、手続きをお願いします。

Q.起業を考えていますが、在学中に起業した場合、支給されますか?
A.開講日(2017年4月10日)現在で雇用保険に加入していれば、1年次10月32万円、2年次10月32万円の計64万円は支給されます。修了時の32万円は支給されません。

利用にあたりましては、下記サイトも必ず参照してください。
ハローワークインターネットサービス
専門実践教育訓練の給付金のご案内(厚生労働省・pdf)
ご不明点は、事業構想大学院大学事務局にお問い合わせください。
TEL:03-3478-8411 E-mail:info@mpd.ac.jp

無料セミナー&説明会では、教育訓練給付金の受給方法につきましてもくわしくご説明いたします。お気軽にご参加ください。

教育ローン

本学提携金融機関の教育ローン

本学では下記金融機関と提携しており、優遇金利での学費借入ができます。

提携金融機関:株式会社 セディナ(三井住友フィナンシャルグループ)
提携ローン :「セディナ学費ローン」
返済期間 :最長10年

詳細は下記ホームページをご覧ください。返済シミュレーションができます。
http://www.cedyna.co.jp/moneylife/loan/gakushi_loan/index.html
学校名検索で「事業構想大学院大学」を入力してください。

また、電話でのお問合せは、「事業構想大学院大学」出願予定の旨をお伝えください。
0120-686-909(セディナコールセンター平日9:30-17:30)

提携金融機関:株式会社 オリエントコーポレーション
提携ローン :「オリコ教育ローン」
返済期間 :最長10年

詳細は下記ホームページをご覧ください。返済シミュレーションができます。
https://www.orico.tv/gakuhi/?module=search&clientid=15276298

また、電話でのお問合せは、「事業構想大学院大学」出願予定の旨をお伝えください。
0120-517-325(オリコ学費サポートデスク:平日9:30-17:30)

※上記の提携ローンは比較的制約が少なく、またWeb上で申込が完結することができます。
※申込完了後、提携金融機関より直接本学に学費が支払われます。

国の教育ローン

日本政策金融公庫・国民生活事業(旧国民金融公庫)の教育ローンが利用できます。

金利:年2.25% (固定金利・保証料別)(平成26年12月10日現在)
返済期間:最長15年

※世帯収入・扶養家族数によって利用できない場合があります。詳細は下記ホームページをご覧ください。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

日本学生支援機構(旧日本育英会)奨学金

日本学生支援機構の奨学金がご利用いただけます。収入による制限があります
http://www.jasso.go.jp/

学費支援制度

本学独自の支援制度として、上記教育ローンを利用の場合、在学期間中の金利負担分を本学で支援する制度があります。ご不明点等は本学事務局までお問い合わせください。

ページ先頭へ