1. home
  2. 人財育成
  3. プロジェクト研究の特徴

プロジェクト研究の特徴

組織も、領域も、産業も越え、テーマに挑む

MPDプロジェクト研究は、それぞれの新規事業の創出を、みんなで追及する場所です。
さまざまな経験を積んできた研究員15名と、教授1名と、
各界のゲスト講師で一つの研究室がつくられます。
多彩なゲスト講師も、研究室の魅力。意欲や使命感を持ち、
本気で考える人たちが研究員として集まり、
多彩なゲストの話しから、視野を広げ視点を磨きながら、
アイデアを出し合い、意見を交わすことで、
独自性が高く実現に向けた構想が構築出来ていくものです。

研究員という身分で、自社の事業構想を構築

事業構想大学院大学事業構想研究所の研究員という立場が付与されます。
大学院主催のセミナーへの参加、図書室やサロンなどの施設の活用をしながら、
自社の事業構想を考え抜き、
研究員同士や教授、ゲスト講師など様々な立場からの意見や助言を交わしながら、
実現性が高く魅力的な構想を構築していきます。
また、担当供述は緊密に個別相談など年間を通じて連携を図ります。

他にはない、ゲスト講師との密接な議論


研究員の進捗に合わせ、適切なゲスト講師を招聘します。
研究会のテーマ、研究員の特質や進捗に応じて、一般的なセミナーや勉強会では聞けないような
ゲストを多く招聘。
ゲスト講師を交え、段階に応じて、発想の幅を広げたり、着想力を高めたりしながら、
高い視座、広い視野、鋭い視点で話し合うことで、
未知の気づき、ひらめき、ヒントを得ていきます。
構想が具体化してきた段階では、その実現に役立つ人脈にもなる講師を招いていきます。
ゲスト講師との議論も、事前の十分な準備で単なる講演会には終わらせません。