1. home
  2. カリキュラム
  3. 教員
  4. 小塩 篤史

教員

小塩 篤史
こしお・あつし
教授

イノベーション・データサイエンス・未来学

職歴

東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 客員研究員、株式会社CSK-IS 研究員、東京大学政策ビジョン研究センター特任研究員、日本医科大学医療管理学教室助教を経て現職。事業構想研究所 実践知研究センター主任研究員を兼任。専門は、経営科学、システム科学、未来学など。統計データ解析や将来推計、システム思考などを用いて未来社会の構想や構想案の評価を行う。文部科学省 科学技術政策研究所 客員研究官、国立保健医療科学院 協力研究員、明治学院大学国際学部 非常勤講師などを歴任。

講演実績

横浜市 データサインエンス研修 「データサイエンスの手法を導入した地方創成について」
飯田市 未来デザイン会議(次期総合計画策定委員会) 「リニア時代を見据えた地域の未来」
経済産業省 「地域ヘルスケアビジネス創出支援人材育成プログラム運営」 
G-Space(GEospatial and Space Technology consortium for Innovative Social Services)「Introduction to Project Design-From Technology to Business」
地域活性学会 「地域活性化のための地域類型に関する研究」
名古屋工業大学技術経営セミナー 「技術開発と事業構想」
マッキャンヘルスケア 南青山大学 「未来志向×ヘルスケアの構想力」
日本医療経営学会 「激変する医療環境下の次世代病院構想ワークショップ」
慶應義塾大学大学院経営管理研究科 Grand Design by Japan2015フォーラム 「データから見る高齢社会における健康の課題」
亀岡市 「環境低負荷型野菜(クルベジ)マーケティングワークショップ」

主な著書・論文

月刊事業構想「事業構想学を構想する」International Microsimulation Association「Projecting long term care needs in Japan. Microsimulation modeling for super aged society」(2013年)

医療情報学会「社会シミュレーション手法を用いた医療需要の将来推計」(2013年)
その他、英文誌等多数