1. home
  2. カリキュラム
  3. 教員
  4. 鈴木 洋仁

教員

鈴木 洋仁
すずき・ひろひと
客員教授

社会情報学

経歴

1980年東京都生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(社会情報学)。 京都大学総合人間学部卒業後、関西テレビ放送、ドワンゴ、国際交流基金、東京大学を経て現職。
専門は、歴史社会学。

著書

・『「元号」と戦後日本』(青土社、2017年)
・『「平成」論』(青弓社、2014年)
(共著)
・『映像文化の社会学』(長谷正人編著、有斐閣、2016年)
・『21世紀の若者論』(小谷敏編著、世界思想社、2017年)
・『海賊史観から見た世界史の再構築』(稲賀繁美編著、思文閣出版、2017年)

学位論文

1.「元号の歴史社会学」、東京大学大学院学際情報学府 修士学位論文、2013年3月
2.「『元号』の歴史社会学 戦後日本における歴史意識の変容」、東京大学大学院学際情報学府 博士学位論文、2017年1月

主な論文

1.「元号の歴史社会学・序説 ―「明治の精神」を事例として―」、『情報学研究』、第86号、225-241頁、2014年3月
2.「「明治百年」に見る歴史意識 —桑原武夫と竹内好を題材に−」『人文學報』第105号、117-140頁、2014年7月
3.「時間意識の近代 元号、皇紀、新暦を素材として」『情報学研究』第87号 、71-85頁、2014年10月
4.「そのテクストの読者は誰か  書評『社会学ワンダーランド』」『書評ソシオロゴス』No.10、1-17頁、2014年11月
5.「改元を通して見た天皇 『昭和』改元と『平成』改元の比較分析」『日本研究』第54号、79-104頁、2017年1月
6. Japanese Pirates in the “Information Society” from 2channel to NicoNico Douga in “Pirate’s View of World History toward Possible Re-Orientation”, edited by Shigemi Inaga, International Research Center for Japanese Studies, (July,2017)
7. Who was Hiroyuki Nishimura? Beyond 2channel and NicoNico Douga, in “Pirate’s View of World History toward Possible Re-Orientation”, edited by ShigemiInaga, International Research Center for Japanese Studies, (July,2017)
8. Reading the Business Books by Nobuo Kawakami Making “an unexplainable” NicoNico Douga into “an unprecedented” business. in “Pirate’s View of World History toward Possible Re-Orientation”, edited by Shigemi Inaga, International Research Center for Japanese Studies, (July, 2017)