1. home
  2. カリキュラム
  3. 教員
  4. 松本 三和夫

教員

松本 三和夫
まつもと・みわお
客員教授

東京大学名誉教授 社会学博士

経歴

東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東京大学大学院人文社会系研究科助教授、オックスフォード大学セントアントニーズカレッジ上席客員研究員、エジンバラ大学ゲノム政策研究所招聘研究員、東京大学大学院人文社会系研究科教授を経て、2018年4月より、事業構想大学院大学客員教授。SHOT (U.S.A.) International Scholar賞、日本産業技術史学会学会賞、NIRA大来政策研究賞を受賞。専門領域は、科学技術の社会学、エネルギー・環境問題、災害社会学、リスク社会学、技術の比較制度史。

主な共同研究

「エネルギー技術導入の社会意思決定プロセス」(科学技術振興機構社会技術システム助成研究)
「生命倫理の社会的リスクマネジメント研究」(科学技術振興調整費調査研究)
「科学技術政策と市民参加の関係の分析」(文部科学省科学研究費助成金)
など

主な著書・論文

『構造災-科学技術社会に潜む危機-』(岩波書店、2012)
『知の失敗と社会-科学技術はなぜ社会にとって問題か-(岩波人文書セレクション)』(岩波書店、2012)
『テクノサイエンス・リスクと社会学』(東京大学出版会、2009)
“The sociology of science and technology”, in K. Korgen (ed.), Cambridge Handbook of Sociology (Cambridge University Press, 2017), Vol. 2, pp. 166-177.
Technology Gatekeepers for War and Peace (Palgrave Macmillan, 2006)