1. home
  2. カリキュラム
  3. 教員
  4. 重藤 さわ子

教員

重藤 さわ子
しげとう・さわこ
准教授

地域経済・資源論、温暖化対策と地域活性化、研究開発評価・マネジメント

経歴

京都大学農学部卒業、同大農学研究科修了。英国ニューカッスル大学、農業・食料・農村発展学部にてPhD取得(2006)。東京農工大学21世紀COEプログラム研究員(講師)、同大生物システム応用化学府、産官学連携研究員を経て、2008年より科学技術振興機構(JST)・社会技術研究開発センター(RISTEX)、アソシエイトフェロー。2013年4月から東京工業大学グローバルリーダー教育院特任准教授。2018年4月より現職。

主な著書

『「循環型経済」をつくる』(共著、農文協、2018年)
『内発的農村発展論 理論と実践』(共著、農林統計出版、2018年)
『地域が元気になる脱温暖化社会を!―「高炭素金縛り」を解く「共-進化」の社会技術開発―』(共著、公人の友社、2014年)

主な論文

「分野横断・「共-進化」型研究開発プログラムマネジメントとその検証」(共著、国際P2M学会誌Vol.10, No.2, 2016年)
Potential of the ‘Renewable Energy Exodus’ (a mass rural remigration) for massive GHG reduction in Japan (共著, Applied Energy 160, pp623-632, 2015)
Socio-technological Co-evolution Approach: An Endeavor by the by the JST-RISTEX Environment-Energy R&D Program(共著, Energy Procedia 61, pp1438-1441, 2014)
An easily traceable scenario for 80% CO2 emission reduction in Japan through the final consumption-based CO2 emission approach: A case study of Kyoto-city(共著, Applied Energy 90, pp1438-1441, 2012)