― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. 教育・研究
  4. /

  5. 教員
  6. /

  7. 日比 慶一

日比 慶一

日比 慶一

(ひび けいいち)
客員教授
株式会社ディアレスト・パートナー 代表取締役

東京
リーダーシップ新事業開発発着想イノベーションDX・デジタル事業戦略

略歴

東京大学工学部電気工学科卒業。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻修了、経営管理修士(MBA)。
シャープ株式会社にて、20年間動画コミュニケーションシステムの研究開発、商品開発・事業化を担う。12年間経営層の戦略ブレインとして全社技術戦略、オープンイノベーション、事業変革の戦略、新規ビジネス参入の推進役を務める。同社が通信分野に参入する基盤を築き、携帯電話事業の競争力シフトに成功、トップシェアを支える。並行して技術規格化の国際委員会で25年間活動、日本代表委員、グローバルな場でのリーダーも務め、豊富な経験を積む。
アイホン株式会社では、1年間の準備期間を経て同社初の新規事業部門を立上げ、事業化チームを率いた。新規参入・イノベーションを軸とした事業戦略、新規事業、ビジネスモデル、組織開発・新組織立上げ、チームビルディングを得意とする。変革に挑戦するマインドを持った人財の育成、中小企業のDX推進と事業拡大支援、ベンチャーの成長支援、スタートアップの立上げを進める。
2021年3月に株式会社ディアレスト・パートナーを設立、代表取締役。
(一社)日本経営士会 経営士 経営支援アドバイザー、日本プロフェッショナル講師協会 会員

【専門】事業戦略/新事業開発/イノベーション/DX・デジタル/リーダーシップ/発着想

著書・論文

著書
『ディジタルメディア規格ガイドブック』(共著 オーム社 1999)
『H.323/MPEG-4教科書』(共著 IEインスティテュート 2001)
『ユビキタス技術 ホームネットワークと情報家電』(共著 オーム社 2004)

論文
「技術経営におけるデジュール標準化戦略に関する研究」,早稲田国際経営研究 No.40(2009,3)
「特集 H.261〜264映像信号符号化方式に貢献した日本人 勧告H.263から勧告H.264への道」ITUジャーナル Vol.38 No.5(2008.5)
「端末から見たモバイルマルチメディアコミュニケーション技術の将来展望」電子情報通信学会技報 Vol.106 No.498(2007.1)
「ネットワーク映像サービス-離陸するMPEG4-」映像情報メディア学会誌 Vol.55 No.4(2001.4)
「映像高能率符号化技術 映像符号化の現状 H.263」映像情報メディア学会誌Vol.54 No.5(2000.5)