MENU CLOSE
丸尾 聰

丸尾 聰

(まるお あきら)
教授
クリエイティブ発想

略歴

東京藝術大学大学院を修了後、社団法人日本能率協会を経て、ビジネスをデザインで統合するコンサルティング事業を創業。株式会社日本総合研究所の設立に参画。地域開発プロジェクトや、土壌汚染修復、省エネ・再生可能エネルギーの普及、産業廃棄物適正処理などのプロジェクトに従事したのち、一貫して製造業の新規事業開発とサービスモデル開発のプロジェクトリーダーを担う。さらに、社員発の新規事業制度として、社内ベンチャーや社内ファンドの制度設計と運用、事業構想に対する指導や審査などに関与。さらに、株式会社日本総合研究所の自社の新卒・中途の採用と教育にも関与。専門職の複線人事制度の設計の責任者として、運用、定着までを従事した。 現在は、上場前のベンチャー企業の顧問や監査役を務めるとともに、経営者のビジョン実現と社員の自己実現とを同心円化するための組織開発プロジェクトを地域の経営塾で実践している。 そのほか、建設省大臣官房 官庁施設のストックマネジメント技術検討委員会 専門委員、北海道立北方建築総合研究所 客員研究員、一般財団法人地域公共交通総合研究所 アドバイザリーボード、などを歴任。

特集記事

「潰れるネット企業 復活するリアル企業―見えてきた第2次e革命の覇者―」
「総覧 日本の建築 (3) 東京」(共著)
「通過儀礼・年中行事から見た町家の伝統的生活領域に関する研究」(共著)
「東京を中心とした大都市圏住宅問題の新たな展開と自治体住宅政策の役割およびその効果に関する研究」(共著)
「生命論パラダイムの時代」(共著)
「ニュービジネス創業企業の創業・事業展開のプロセス」(共著)
「生活者起点に立つ行政サービス・ビジネス ニュービジネス白書〈1998年版〉」(共著)
「NHKビジネス塾の教科書Ⅴ 技術立国ニッポンの底力」(共著)
「社内に埋もれたアセットの活用方法と「愚直な」事業計画策定のプロセス」(共著)
「庁舎の美学」
「地方自治体におけるCS評価」
「環境問題の現状と求められる方向・公共関与の課題と展望」
「環境保全のエコロジカル・プランニング・ランドスケープエコロジーによる環境管理」
「環境保全のエコロジカル・プランニング・流域圏による環境管理システムの確立を」
「地方主導の産業廃棄物問題解決策を探る・「産業振興」をテコとした施策の方向性」
「地方主導の産業廃棄物問題解決策を探る・オンサイト・インキュベーション構想」
「持続可能な環境創造に向けた「流域連携行政」を」
「Transformation of Japanese Start-up Companies through Discords during their Growth Process」
「ベンチャー企業の遭遇する「成長の軋み」—経営者の葛藤と克服の過程—」
「ルールを守る経営からルールを創る経営へ–複雑系時代を「元気」に生き抜くために」
「製造業はネットを通じてサービス業になれ!」
「社会経済アセスメント」を用いた新たな地域開発」(共著)
「新産業創出に向けた産業政策の展望」(共著)
「地方主権実現のための課題」(共著)
など