― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. 教育・研究
  4. /

  5. 教員
  6. /

  7. 青山 忠靖

青山 忠靖

青山 忠靖

(あおやま ただやす)
特任教授
公益社団法人兵庫県育才会理事長 (株)ジェムコ日本経営パートナーコンサルタント 丹波篠山文化会議 特別顧問

大阪
発着想構想案地域活性イノベーション

略歴

東京都出身。自他共に認める「山っ気の強い地域事業・ベンチャー大好き人間」。
大学卒業後、株式会社博報堂に17年間勤務し、1995年に同社の協働機関としてURBANE CREW Inc.を起業。
当初は協働会社として無難な経営をしていたが、結果として人材派遣から飲食デリバリー事業、投資事業まで幅広く手掛ける。
(途中略)その後国内コンサルティング会社のイノベーションデザイン事業部長を経て、
一般社団法人地域デザイン学会理事を務める。どちらかと言えば、大きな組織には向いてないタイプでもある。

事業構想研究所のプロジェクトとして、
農林水産省「ランナーズ・ヴィレッジプロジェクト」(2017)
内閣府「クールジャパン地域人材育成プロジェクト」(2018)
「とちぎ創生プロジェクト」(2019)
資源エネルギー庁「エネルギー構造高度化・転換理解促進事業人材育成プログラム」(2019)
「中部圏新規事業プロジェクト」(2020)
文化庁「文化芸術収益力強化事業<サバイブのむすびめ>プロジェクト」(2020)等に携わる。
社会情報大学院大学 先端教育研究所では、2019年度より実務家教員養成過程の
「実務家教員へのキャリアパス」講座を担当している。

また2013年以降、父祖縁の地である兵庫県出身の大学生を支援するために、
東京代々木で学生寮「尚志館」の経営にも従事し、資金繰りに奮闘する零細企業の社長という一面もある。
それゆえに、院生には経営の厳しさをリアルに伝えることができる利点もある。

特技は「地域のヤンキーを束ね、その気にさせる」こと。
これは地域活性の駆動となる。低炭素社会実現への熱意は強いが、無類のクルマ好きという矛盾も抱えている。
そして、阪神タイガースとラグビートップリーグをこよなく愛している。
2006年に経営情報学修士(MBA)を修了。

執筆記事

お寺での「滞在」体験を事業化 癒される修業で心身をキレイに(月刊事業構想2017年12月号)
「青山」のルーツは南北朝時代の群馬 第27代当主が語る(月刊事業構想2018年3月号)
江戸時代にトレーダー教育 事業を構想する藩主・青山忠裕(月刊事業構想2018年4月号)
クールジャパン地域プロデュース 人材養成教育プロジェクト(月刊事業構想2019年4月号)
地域プラットフォーム型の観光事業 観光資源を地域全体で最大化(月刊事業構想2020年1月号)
「場づくり」で終わらせない 具体的なアクションを生むためには(月刊事業構想2020年10月号)
芸術の収益強化を議論 凸版印刷×美術手帖「サバイブのむすびめ」(月刊事業構想2021年5月号)

主な著書・論文

『スロースタイル』(共著 新評論 2007)
『地域デザイン戦略総論』(共著 芙蓉書房 2013)
『食文化のスタイルデザイン』(共編著 大学教育出版 2015)
『実務家教員の理論と実践』(共著 社会情報大学院大学出版部 2021)
 
研究成果(機関リポジトリ)