― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. 教育・研究
  4. /

  5. 教員
  6. /

  7. 宮林 隆吉

宮林 隆吉

宮林 隆吉

(みやばやし りゅうきち)
客員准教授
Miraitronc Inc. Co-Founder

東京
マーケティング事業戦略グローバル

略歴

一橋大学博士(経営学)。イエセ経営大学院経営学修士。慶應義塾大学経済学部卒業後、電通へ入社。営業・マーケティング部門・電通総研主任研究員を経て、電通イノベーション・イニシアティブ/データ・テクノロジーセンターにて国内外の先端テクノロジーへの投資・IPO支援に従事。新規事業開発サービス「Expert Idea 500」を始め、テクノロジー・スタートアップと大企業の経営リソースを掛け合わせた事業開発を推進する。電通退社後、次世代に残せる豊かな社会の実現を志し、IoT/データ・テクノロジーに特化したVCを共同創業する。

研究者としては「多様性・組織文化のデザイン」をテーマに、経営者のグローバル・リーダーシップの育成研修から、マーケティング戦略策定まで幅広くコンサルティングに従事。早稲田グローバル・ストラテジック・リーダーシップ研究所 招聘研究員及びホフステード博士認定ファシリテーターとして、実務とアカデミアの橋渡しにも従事。クロスカルチャー・マーケティング関連の著作・寄稿論文多数。

<所属学会>
日本マーケティング学会
組織学会
Academy of International Business

主な著書・論文

著書・翻訳
『マーケティング実践テキスト』(共著), JMAM, 2020
『経営戦略としての異文化適応力』(共著), JMAM, 2019
『グラント現代戦略分析』(共訳), 中央経済社, 2019

論文
「グローバル経営に国民文化が与える影響力の解析」, マーケティング・レビュー 1 (1) pp. 12-22, 2020年3月

寄稿文
「変化に強い組織を生み出す」, 金融ジャーナル, 2017年5月
「CQ」, 政策金融公庫 調査月報, 2017年1月