MENU CLOSE
背景

2年間のカリキュラムを通じて、プロジェクトデザインの基礎と応用を体得し、各個人の事業構想を、より実現性をもった計画書へと落としこみます。
1年次は事業構想の本質的理解と、講義による多くのインプットを通じて事業の種を発見します。2年次には、構想案を検証し確信を得て、マーケティングや経営学など自身の構想を実現するためのプロセスを習得すると同時に、教員や院生、150名を超える外部講師とディスカッションを重ね、事業構想計画を策定します。

事業構想修士・MPD(Master of Project Design)

1. 基礎科目

事業構想の綜合的理解と、事業構想を構築していく上で基礎となる、あるいは事業の種を発見する源となる、「人間」「社会」「技術」「経済」「ビジネス」などを深く洞察し、分析をしていきます。それが長く事業に取り組んでいく上での素養にもなります。

2. 専門科目

事業構想の流れである、「発・着・想」→「構想案」→「フィールドリサーチ」→「構想計画」→「コミュニケーション」を一通り実践的に学びます。

3. 展開科目

事業領域ごとに事業構想をどのように構築していくのかを研究していくことと、事業構想を効率的に・効果的に実現可能なものにしていく経営学を学んでいきます。

4. 演習(ゼミ)

1つ以上のPBL(Project-Based Learning)に所属し、事業構想を具体的に構築して「事業構想計画書」に落とし込む実践的なトレーニングを行います。志の高い院生同士で活発な議論が展開されます。

5. 修了認定

教員指導による事業構想計画の検討・提案、学内における公開発表を経て、必要単位の取得と「修了認定審査会」による認定を行います。

授業科目・シラバス

2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

授業日程

授業日程は、社会人が通いやすい時間帯に設定しています。平日は18:30 ~ 21:40の2時限、土曜日は10:30 ~ 17:50 の4時限。比較的多くの方が履修する科目を土曜日に集めています。科目の調整によって、週2~3日で履修できる時間割になっています。

 

2019年度

2018年度