1. home
  2. イベント
  3. 地域循環共生圏の創造に向けた事業構想 ~SDGs達成へのアプローチ~

イベント

地域循環共生圏の創造に向けた事業構想 ~SDGs達成へのアプローチ~

経済合理性と持続可能性を有する、構想・事業計画策定、ステークホルダー組織化を検討するために

地域循環共生圏の創造に向けた事業構想 ~SDGs達成へのアプローチ~

経済合理性と持続可能性を有する、構想・事業計画策定、ステークホルダー組織化を検討するために

趣旨

環境省が取り組む「地域循環共生圏の創造」、SDGs達成へのアプローチについて、事業構想大学院大学の知見を活かし、具体的な方法を検討していきます。

第1部では、地域循環共生圏の創造について、環境省担当課をお招きし、お話しいただきます。「地域循環共生圏」は、日本発の脱炭素化・SDGs構想ともいえるもので、各地域でSDGs達成への具体的なアプローチ手法ともいえます。

第2部は、事業構想大学院大学がこれまでに取り組んできた、各地域で経済と環境の双方で持続可能な事業を構想し、実践する人を教育・研究してきた実例を紹介しながら、取り組む際にポイントになると思われることをお話します。

事業構想大学院大学の実績として、SDGs総研での取り組みや、各自治体や各地域をベースにした新事業の構想とその実践プロジェクトや、ふるさと納税研究会(総務省との連携)、観光DMO研究会(観光庁との連携)、地域エネルギー研究会(経済産業省との連携)など産官学連携のプロジェクト研究会を主催してきており、それらの知見と、これまでに700名以上のプロジェクト研究員修了生を輩出した実績をもとに、独自性が高く実現に向けた構想の構築、実践に向けた取り組みをお話します。加えて、第2部では、活用できる交付金等についてもご紹介させていただきます。

概要

プログラム

【第1部】地域循環共生圏の創造について
岡野隆宏氏(環境省 大臣官房 環境計画課 企画調査室長)

【第2部】地域循環共生圏プロジェクト研究および来年度の事業概要について
織田竜輔(学校法人 先端教育機構 事業構想大学院大学 産官学連携本部 本部長)
<テーマ>
・SDGs達成に向けたアプローチ手法としての「地域循環共生圏」
・経済合理性と持続可能性を有する構想策定
・構想を踏まえた事業計画策定
・地域の核となるステークホルダーの組織化
・地域経済循環分析

平成31年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の公募について(環境省)
公募の対象は、地方公共団体または地方公共団体と連携している民間団体若しくは協議会(以下「活動団体」という。)とします。また、複数の地方公共団体の連携による団体についても対象とします。提出された応募書類等を基に以下の審査を行い、ふさわしいと考えられる活動団体を、20団体程度を選定する予定です。
>>環境省ホームページ