1. home
  2. イベント
  3. ふるさと納税・地方創生フォーラム

イベント

ふるさと納税・地方創生フォーラム

ふるさと納税・地方創生フォーラム

趣旨

概要

事業構想大学院大学で昨年から実施しているふるさと納税・地方創生研究会では
「ふるさと納税制度が地域らしさを見直すきっかけとなった」
「小さな自治体でも取り組み次第では地域活性化の大きなチャンスになる」
「当制度を寄付者の方とのコミュニケーションの場隣、地域のストーリーを伝えたい」といった意見が出されています。

上記のような意見を基に、当制度を具体的に活用するために自治体ではどのような取り組みが必要か、研究を進めてきており、
フォーラムでは、ふるさと納税の研究から見えてきた、当制度を活用した地方創生のきっかけとなるポイントをご紹介致します。
ふるさと納税の意義を考え、創意工夫次第では地域活性化の大きな機会となる当制度において、今後求められることは何か。最新の情報を共有するフォーラムとなりますので、ぜひともご参加ください。
(ご応募多数の場合は、抽選させていただきます)

フォーラム・5つのポイント

(1)総務大臣である野田聖子氏が登壇(予定)
(2)注目を集める「ふるさと納税の使途」の先進事例を紹介
(3)今年7月に実施した、ふるさと納税・首長アンケートの結果を公表
(4)寄附者との継続的なコミュニケーション手法を紹介
(5)ふるさと納税による、地域活性化への効果を数値化して発表

募集概要

  • 開催日
    2017年11月7日(火)
  • 開催時間
    11:00〜15:00
  • 参加費
    無料
  • 定員
    200名(ご応募多数の場合は、抽選させていただきます)
  • 会場
    ホテルニューオータニ「麗」の間
  • 申込み期間
    2017年11月6日(火)

タイムスケジュール(変更の可能性がございます)

■午前の部
11:00~11:10主賓挨拶 総務大臣 野田聖子様(予定)
11:10~11:20総務省 自治税務局市町村税課課長 池田達雄様
11:20~11:30研究会報告及びガイドライン案について
事業構想大学院大学学長 田中里沙
11:30~11:50鳥取県知事 平井伸治様 ご講演
「ふるさと納税が地方と日本を元気にする」
11:50~12:05高知県 総務部長 梶元伸様 ご講演
「ふるさと納税をどのように地域に活かすのか」
12:05~12:20桑名市長 伊藤徳宇様 ご講演
「ふるさと納税から始まる事業への共感」
12:20~12:35定量分析結果報告 事業構想大学院大学
事業構想研究所副所長 織田竜輔
12:35~13:20休憩
■午後の部
13:20~13:40長野県飯田市長 牧野光朗様 ご講演
「地域と寄附者との継続的なコミュニケーション」
13:40~14:20トークセッション「ふるさと納税による地域の活性化」
(長野県飯田市長 牧野光朗様、
 関西学院大学大学院経済学研究科 人間福祉学部教授 小西砂千夫様、
 株式会社さとふる取締役 髙松俊和様、
 事業構想大学院大学 事業構想研究所副所長 織田竜輔
14:20~14:55 事例報告と今後のふるさと納税の展望
「ふるさと納税で市民の思いを実現~福井県坂井市の挑戦~」
事例:福井県坂井市「寄附市民参画制度について」
今後の展望:関西学院大学大学院経済学研究科人間福祉学部教授
小西砂千夫様、事業構想大学院大学学長 田中里沙
14:55~15:00研究会まとめ、閉会挨拶
事業構想大学院大学学長 田中里沙


ふるさと納税・地方創生研究会の様子


第1回ふるさと納税・創生研究会の様子

第1回ふるさと納税・創生研究会に参加した方々
(東京・表参道の事業構想大学院大学のご神木前にて)


鳥取県知事 平井伸治 様
「ふるさと納税を新しい災害支援のツールとして活用」


高知県知事 尾﨑正直 様
「リスク少なく販路拡大」


長野県飯田市長代理 市民協働環境部長 竹前雅夫 様
「地域と寄附者の距離を縮める」


関西学院大学大学院経済学研究科 人間福祉学部教授
小西砂千夫様
「制度趣旨に沿ったふるさと納税の活用を」


株式会社さとふる取締役 髙松俊和 様
「地域と寄附者とのコミュニケーション」

事業構想大学院大学 学長 田中里沙


お申込みフォーム