1. home
  2. イベント
  3. 民泊を活用した新事業開発 プロジェクト研究 第2期

イベント

民泊を活用した新事業開発 プロジェクト研究 第2期

セミナー&説明会

民泊を活用した新事業開発 プロジェクト研究 第2期

セミナー&説明会

趣旨

2018年6月15日の新法施行に伴い、大手の参入、金融機関の参入が相次ぐ民泊事業。今年こそが事業としてのスタート元年になります。今まで7万件あったマーケットが法律の施行で5000件まで縮小され、空いた数万件のマーケットを誰が獲得・活用するか。

マーケットが確約され、供給がこれからの事業に参加できるという事は、今が事業者として最も好機の時期です。

本研究は5年間の民泊の流れ、現状、未来を実践の成功事例を交えて研究し、民泊事業へ参入・ビジネスモデルを確立するものとなります。

マーケットも東京から地方に移り、眠っている案件が豊富です。地方のロードサイドや過疎地で収益を生む事業として、民泊は最も需要があり、事業モデルとして有望なものとなっています。角度を変えて考えると新しい事業がたくさん眠っています。皆様の培ってきた事業を新しい形で私たちとともに開拓しましょう。

研究会の中では民泊のことだけではなく、法律や、国の方針、各業界への働きかけ、資金調達など、各方面の専門家を招きます。皆様はその講師陣と直接事業を進めることも可能となります。

本プロジェクト研究の建設業界向けのセミナー&説明会を1月21日(月)15時より下記要領で実施いたします。

お申込みフォーム

対象

新規事業をスピード感をもって構築したい中小企業
(リサイクル業、建築業、介護事業、飲食業、地元の不動産業、その他不動産資産ををお持ちの企業様)

例:民泊×リサイクル、民泊×介護、民泊×CCRC、民泊×リフォーム、民泊×飲食店、民泊×お寺、民泊×企業の保養所活用
その他実例を元に全て実戦形式で研究いたします。

実際に第一期生徒が続々と新規事業の立ち上げ、民泊事業への投資が行われております。

説明会

・開催日:2019年1月21日(月)
・時間:15:00~17:00(開場:14:30)
・会場:事業構想大学院大学 教室
    東京都港区南青山3-13-18 313南青山4階(表参道駅・徒歩1分)
・受講:無料 ※事前予約が必要です
・定員:25名
    定員を超えるご応募があった場合は抽選とさせていただきます。ご了承ください。

説明会の流れ

1)民泊市場の説明(チャンス・課題)
2)事業構想大学院大学の説明
3)事業構想プロジェクト研究のご案内
4)質疑・応答

講師

鴨志田篤史(事業構想大学院大学 事業構想研究所 客員准教授)

お申し込み