「自由診療活用によるクリエティブな医療事業構想」プロジェクト研究説明会 | 事業を生みだし、未来を創る、事業構想大学院大学(東京・表参道)
  1. home
  2. イベント
  3. 「自由診療活用によるクリエティブな医療事業構想」プロジェクト研究説明会

Eventイベント

「自由診療活用によるクリエティブな医療事業構想」プロジェクト研究説明会

イベント概要

 「病気になった時に行くのが病院だ」という認識は、患者もドクターも変わらずに持っている傾向があり、予防医学という考え方はなかなか理解が進んでいません。
 その時代背景を踏まえ、経営、スタッフ教育、リスクマネジメントから、サプリメントなどヘルスケア用品の物販に至るまで、これからの病院経営に必要な要素を体系的に学び、海外の最新事例も用いながら、 今後の社会に求められる医療の在り方と各参加者の医療機関への導入、病医院経営の事業を構想していくための研究会を開催します。

プロジェクト研究における募集対象は、以下の通りです。

・新しい医院経営に関心のある方
・将来の医院経営に不安を持っている方
・発想とアイディアを求めている方

概要

研究会の様子

 実際の講義
 
 研究員同士のディスカッション 
実際の講義
研究員同士のディスカッション


プロフィール

松山 夕稀己まつやま・ゆきこ
梅光女学院大学日本文学科卒業後、1991年アメリカ移住、トリニティ大学にてPh.D.取得。 ACAM医学会、A4M医学会会員。2007年にアトピーケアー研究所を開設、その後 2週間で体質改善などのプログラム研究に参加、心理と栄養学を中心とした診療をしながら、積極的予防医学の普及に努める。2010年よりハワイと日本に国際医療顧問の籍を置き、現在は積極的な予防医学の普及活動を医師、歯科医だけではなく、整体サロン、エステティシャン、ヨガインストラクターなど、健康にかかわる指導者と共に日本で活動している。