事業構想シンポジウム 〜構想が、社会と会社を変える | 事業を生みだし、未来を創る、事業構想大学院大学(東京・表参道)
  1. home
  2. イベント
  3. 事業構想シンポジウム 〜構想が、社会と会社を変える

Eventイベント

事業構想シンポジウム 〜構想が、社会と会社を変える

イベント概要

事業構想大学院大学は、社会の一翼を担う新事業を創り出すことを目指して2012年に東京・南青山に開学し、約100名の修了生を輩出しています。
すでに企業、地域、組織内の経営資源を活かし、起業された方、社内での新規事業開発に成功された方など、多くの修了生が社会で活躍しております。
このたび本学では、公開シンポジウムを開催いたします。企業で新規事業を担う方、事業承継者、起業を目指す方、地域活性化を志す方など、事業構想に関心をお持ちの方のご参加を心よりお待ちしています。

概要

プログラム

時間 内容
13:00〜13:15

オープニング


〜第 1 部〜 講演、トークセッション

13:15~14:00

基調講演「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」

出雲充氏(株式会社ユーグレナ 代表取締役社長)

14:00〜15:00

トークセッション「社会を変える事業構想」

出雲充氏(株式会社ユーグレナ 代表取締役社長)×田川欣哉氏(takram 代表)

モデレーター:田中里沙(事業構想大学院大学 学長)

15:00〜15:15

休憩


〜第 2 部〜 分科会、交流会

15:15〜16:00

分科会

A会場 バックキャスティングで考える事業構想

小塩篤史(事業構想大学院大学 教授)


B会場 企業の持続的成長を支える戦略と構想のあり方

岸波宗洋(事業構想大学院大学 教授)


C会場 企業内の新規事業の立ち上げ方

竹安聡(事業構想大学院大学 教授、パナソニック株式会社 役員・ブランドコミュニケーション本部長)


D会場 協創型イノベーション —起業から地域まで

渡邊信彦(事業構想大学院大学 特任教授、株式会社日本人材機構 シニアディレクター)

16:00〜17:00

交流会

ゲストプロフィール

出雲充氏(株式会社ユーグレナ 代表取締役社長)


東京大学農学部卒、2002年東京三菱銀行入行。2005年8月株式会社ユーグレナを創業、代表取締役社長就任。 同年12月に、世界でも初となる微細藻ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。世界経済フォーラム(ダボス議)Young Global Leader選出(2012年)、第一回日本ベンチャー大賞「内閣総理 大臣賞」(2015年)受賞。著書に『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』(ダイヤモンド社)がある。

田川欣哉氏(takram代表)


東京大学工学部卒業。英国Royal College of Art修士課程修了。2006年takramを共同設立。ハードウェア、ソフトウェアからインタラクティブアートまで、幅広い分野に精通するデザインエンジニア。主なプロジェクトに、日本政府のビッグデータビジュアライゼーションシステム「RESAS-地域経済分析システム-」のプロトタイピング、NHK Eテレ「ミミクリーズ」のアートディレクションなどがある。英国Royal College of Art客員教授。


※内容は一部変更になる可能性があります。