MENU CLOSE

セミナー 名古屋 2019年12月3日(火)

新規事業開発プロジェクト研究 体験セミナー
―現状の延長線上にない事業をどのように構想するか―

イノベーションでは、従来の延長線上にないアイデアを考え出すことが求められます。では、現状の延長線上にないアイデアとは、どのようなもので、どのようにしたら生み出せるのでしょうか。
これまで、いくつかの方法論が断片的ないし経験的に語られてきましたが、それだけでは体系的で本質的な能力は獲得できません。そのためには、やってみなければその妥当性が予め分からないような仮説を創る思考、分析的でない思考、予め目的を定めない思考、設計思想、直感力などが重要な役割を果たすと考えます。また、何はさておき、創造性の源となる感性や内発的動機を醸成することが求められます。
本学では、このような考え方の基に、1年間で新規事業を開発するためのプロジェクト研究を実施しています。今回の体験セミナーでは、新規事業開発プロジェクト研究について、実際の内容に準じてその概要を実践的にご説明します。

講師

青山 忠靖
(あおやま ただやす)
事業構想大学院大学 特任教授

東京都出身。株式会社博報堂、LEC東京リーガルマインド大学講師、株式会社スコラコンサルト、株式会社ジェムコ日本経営(イノベーションデザイン事業部長)を経て現職。専門分野はイノベーションデザイン。イノベーションに向けた人材育成・組織構築及び戦略プロセス策定などを得意とする。その一方で工場生産現場でのコストダウンや業務プロセス改善なども自動車メーカーやその関連企業などで数多くの実績がある。一般社団法人地域デザイン学会の戦略担当理事を務め、地方自治体や地方企業の地域創生ビジネスのスタートアップを支援している。青山の地名となった丹波篠山・青山家第27代当主でもある。

概要

日時:2019年12月3日(火)15:00~17:00
会場:名古屋 事業構想大学院(名古屋駅直結)
参加費:無料(事前登録制)
定員:20名

お申し込み