― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. セミナー・説明会
  4. /

  5. 製造業『知の探索』による価値創出 セミナー・説明会

説明会 セミナー オンライン 名古屋 5/19(水)名古屋校・オンライン併催

製造業『知の探索』による価値創出 セミナー・説明会

製造業はGDPの2割を占め日本の経済を支える核となる産業である一方、不確実な環境変化によって、2017年以降、営業利益は減少傾向にあります。新型コロナウィルス感染拡大により、需要の激減、サプライチェーンの分断等、様々な課題が降り注ぎました。

 

経産省から発信された2020年の「ものづくり白書」は、この不確実な時代に取り組むべき戦略として、企業変革力に言及しています。日本の製造業が持続的な成長を遂げていくために、今こそ「両利きの経営」(チャールズ・A・オライリー教授、マイケル・L・タッシュマン教授)の実践によって、現場でイノベーションを起こしていくことが求められます。そのためには、DXを手段であることを理解し、ビジネスモデルを革新していくことが必要です 

 

本セミナー説明会では、製造業各社の直面している課題と「知の探索」の意義、そしてどのように実践していくべきか、について考察します。 

 

また、10月に開始予定の「DX・デジタル活用新事業プロジェクト研究」の概要についてもご紹介いたします。同プロジェクト研究は、本学教員と、DX及び社会課題解決の分野で活躍するゲスト講師のアドバイスのもと、1年間で新たな価値・新事業を生み出すことを目的とした研究会です。

登壇者

小野 淳哉
(おの あつや
事業構想研究所 副所長 教授

パナソニックにて、30年間一貫してソリューション事業推進。放送システムの局設備事業責任者、システム系新規事業推進センター所長を歴任した後、社内の人材開発組織で、新規事業創出のビジネススクールの企画・開発・主任講師を実践し、多数の社内イノベーション人材を育成した経験を持つ。現在、製造業・大手ICT企業向けにプロジェクト研究の講師・ファシリテータを担当。

開催概要

日時:5月19日(水) 13:30〜14:30

会場:名古屋 事業構想大学院(JRゲートタワー27階)およびオンライン同時開催※
費用:無料(事前登録制)

 

※名古屋校会場は定員を少人数限定とし、十分な感染対策を取った上で実施いたしますので、校舎での受講希望の方はお早めにお申込みください。

お申し込み