― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. セミナー・説明会
  4. /

  5. 【3ヶ月集中】社内DX推進者養成オンライン講座 第2期

説明会 オンライン 2021年9月3日開催

【3ヶ月集中】社内DX推進者養成オンライン講座 第2期

背景

バックオフィス最適化に向けて、DX推進を体系的に学び・実践する講座

 

社内のペーパーレス化などのデジタル化(社内DX)推進において課題となっているのが、「最適な業務環境に変革するためのグランドデザインがなく、部分最適化に留まってしまうこと」です。そこで、本格的に社内の業務改善を進めていかれる方や、包括的なIT活用支援(IT顧問・ITコンサルタント)をされたい方に向けて、ムダをなくし、生産性を高めて売上を上げるためのグランドデザイン設計をし、それを実現するためのロードマップに落とし込むための講座を開講いたします。

いま社内でDX推進者が求められる背景

労働人口が減少するなか、コロナ禍においてデジタル活用の必要性が高まっています。一方でテレワークやEC等のデジタルツールに関心があっても、ノウハウがなく導入・定着に至らない中小企業が数多く存在しています。特に中小企業では、社内にシステム担当者などの専門人材の確保が難しいなか、「一人情報システム」や「営業 兼 Web担当」という方も少なくありません。そういった環境の中で、社内でDXを推進し、業務効率化によって売り上げ向上に向けて改革をする人材が必要とされています。

概要

【講座概要】
開催期間:2021年9月3日(金)~2021年11月18日(木)
講義時間:9:30~12:30 全6回(1回につき3時間00分)
主催:
学校法人 先端教育機構
〒107-8411 東京都港区南青山3-13-16
TEL: 03-3478-8401(代)FAX: 03-3478-8410
Email: pjlab@mpd.ac.jp

【開催形態】
オンラインによる相互コミュニケーション型(Zoom活用)

【受講料】
380,000円(税別)※
※IT顧問化協会の認定資格を希望される方は、別途70,000円(税別)がかかります。

対象

●中小企業のIT担当者で社内の業務改善をされたい方
●DX推進の具体的な手法を求めている方
●包括的なIT活用支援(IT顧問・ITコンサルタント)をされたい方

<習得できるスキル>

  • 社内DXを推進するためのプロセス
  • IT・クラウド活用により、バックオフィスを最適化する力
  • ビジネスで使える様々なツールや技術の知識

 

講師

本間 卓哉 氏

(ほんま たくや)

IT顧問化協会 代表理事

1981年秋田県生まれ。一般社団法人IT顧問化協会 代表理事、株式会社IT経営ワークス・株式会社DXソリューション 代表取締役。使命は「人×IT=笑顔に」。
 
中小企業に向けて、その企業に適切なITツールの選定から導入・サポート・ウェブマーケティング支援までを担うITの総合専門機関として、「IT顧問サービス」を主軸に、数多くの企業で業務効率化と売上アップを実現。これらのノウハウを共有し、より多くの企業での活用促進を図るために、2015年にIT顧問化協会(eCIO®)を発足。「経営にITを活かし、企業利益を上げる架け橋に」を理念に、専門家向けにeCIO認定講座を開始。IT活用・デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を望む全国の企業からの相談を受け、中立的な立場で的確な支援ができる体制を構築している。2020 年には、経済産業省より「情報処理支援機関(スマート SME サポーター)」として認定を受ける。著書に『全社員生産性10倍計画』『売上が上がるバックオフィス最適化マップ』(ともにクロスメディア・パブリッシング)など。

スケジュール

 

日程 時間 概要 講義内容
9/3 9:30~12:30

第1クール

社内DXグランドデザイン

社内DXとは 進め方について

変革事例と社内DXグランドデザイン設計

9/16 9:30~12:30

第1クール

社内DXグランドデザイン

社内DXとは 進め方について

変革事例と社内DXグランドデザイン設計

9/17~10/6 1時間 個別面談  
10/7 9:30~11:30

第2クール

課題解決に向けた研究・実践

営業管理とマーケティングのあり方

ツール研究

10/21 9:30~12:30

第2クール

課題解決に向けた研究・実践

経費精算・勤怠管理・給与計算のあり方ツール研究

採用・労務管理のあり方ツール研究

11/4 9:30~12:30

第2クール

課題解決に向けた研究・実践

グループウェアや社内インフラのあり方ツール研究

販売管理や会計(ERP)のあり方ツール研究

11/18 9:30~12:30

第2クール

課題解決に向けた研究・実践

社内DX実践事例・構想発表

セミナー動画

受講者の声

大和原工事株式会社
代表取締役 篠原英次

業種:造作工事・造作家具工事
設立:1968 年 社員数:29 人 所在地:千葉

この10年間は、デザインの多様化に合わせ、情報の連携やその場での対応力がより求められ、木工の世界において大きな変革期となりました。
顧客への価値提供、従業員の働きやすさの実現のため、今回この講座を受講いたしました。

前半部分では、現場や勤怠管理のデータ化など、業務の基礎的な効率化に関するグランドデザインを学びました。
後半部分では、業務フローの整理だけでなく、ITを活用してどういった効果を得たいのかといった、会社のグランドデザインを描くことができました。
また、個別面談では、講師の過去の失敗なども織り交ぜたアドバイスにより、自社の状況に合わせた実現可能なDXの計画を立てることが可能です。
この講座で学んだことを活かして、お客様にとって最高の会社であると同時に社員にとっても最高の会社になることを目指しつつ、10年後も価値ある企業であり続けたいと思います。

赤松祐光税理士事務所
代表(税理士・行政書士) 赤松祐光

業種:会計事務
設立:2016 年 社員数:7 人 所在地:大阪

クラウド活用やデータ連携による業務の効率化やクライアントへの価値提供が求められるなか、専門家のアドバイスを受けつつ最短で業務のDXを構築したいと思い受講をしました。
受講の手応えとしては、全体業務の棚卸しにより、これまで点で行っていた業務効率化を一本の線に結ぶ手がかりを頂いたと感じています。また、受講者全員が社内DXを前向きに改革していこうと議論を交わすため、参加者同士の発表や対話で課題解決のアイデアが生まれることもあります。
これは社内だけでなく、顧問先様に対しても重要な視点であり、視野が大きく広がったと感じております。
こうした変化の激しい時代だからこそ、単に会計の処理をするのではなく、経営の効率化や企業成長など、経営者の身近な相談パートナーとしての本来税理士があるべき姿であり続けたいと思います。

申込手続

フォーム送信後、自動返信にてお申込書をお送りしますので、
下記2点のうちどちらかの方法にてご提出をお願いいたします。
・申込期限までにpjlab@mpd.ac.jpに送付
・申込期限までに下記の宛名に郵送
———————————–
 
受講申込書提出先:
学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学
事業構想研究所 社内DX推進者養成講座事務局宛
〒107-8411 東京都港区南青山3−13−16
Email: pjlab@mpd.ac.jp
 
———————————–
 
事務局確認後、受講料納入用紙をお送りいたしますので、期日までにお振込ください。

申し込み期限

一次締切・申込書提出:2021年8月31日 (火)
受講料振込:2021年9月2日(木)
※定員になり次第、締め切ります。

その他

 (1)所定の課程を修了した者には、受講証明書を授与する。
 (2)本講座の受講生に関しては、本学の図書室等の施設を一部利用できる。
 (3)やむを得ず欠席した場合には、ライブ受講を録画したもので補講できる。

お申込み・個別相談