MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. セミナー・説明会
  4. /

  5. 地域おこし協力隊×事業構想大学院大学 サテライトキャンパス設...

※開催終了しました。

セミナー 福岡 2024年7月19日(金)

地域おこし協力隊×事業構想大学院大学 サテライトキャンパス設置セミナー&説明会(7月19日福岡開催)

背景

事業構想大学院大学では、自治体と連携して、自治体施設内に「事業構想大学院大学サテライトキャンパス」を設置し、地域おこし協力隊員が、地域の観光まちづくりに携わりながら、本学の修士課程の社会人院生として「観光まちづくりプロデューサー」としての実践的な力をつける連携制度を令和7年度にスタートします。

毎年10名の隊員が、2年間で事業構想修士(MPD)の学位を取得し、3年目には「プロジェクト研究」により、地域での実装を目指します。連携期間の10年間で100名の隊員が地域に定住・活躍する未来が期待できます。地域連携自治体募集のための説明会を開催しますので、ご興味をお持ちの自治体関係者の皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

日時    令和6(2024)年7月19日(金)14:00~16:00

会場 事業構想大学院大学福岡校(博多駅直結・JRJP博多ビル4階)およびオンライン

             ※できるだけ会場(リアル)でご参加をお勧めします。オンライン参加の方にはZoomの接続先をお送りします。 

参加対象 自治体および地域おこし協力隊に携わる団体等  

 

プログラム

14:00 事業構想大学院大学の概要紹介

14:20  セミナー「観光まちづくりで地域で稼げる仕組みをつくる」

    講師 若林伸一 事業構想大学院大学客員教授 NPO法人自然体験学校理事長

15:20  サテライトキャンパスの設置についての説明(質疑応答含む)

16:00 終了

セミナー講師

講師  若林伸一 事業構想大学院大学客員教授

NPO法人自然体験学校理事長

東京都出身。大学在学中に全国を旅行し、起業を決意。1年間の肉体労働で貯めた資金で北海道池田町の原野に建つ空き家を購入。1人でリニューアル工事をして、自然体験ができる民泊施設をオープンさせて人気に。以来、全国各地に住み込んで、観光まちづくり、集客の仕掛けづくり、空・水・フィールド・環境の自然体験を指導。沖縄南部の観光まちづくりに携わるうちに請われて本社を北海道から沖縄に移転。北海道と沖縄の二拠点生活を送る。コロナ前までは、沖縄で年間4万人以上の修学旅行の受入れをし、沖縄での修学旅行受け入れの10%を担う。日本各地で自然体験活動指導者や認定救急蘇生法の人材育成をしつつ、事業構想大学院大学福岡校に通い、2023年修了(事業構想修士)。観光庁観光地域プロデューサー、内閣府特定有人国境離島地域プロジェクト推進アドバイザー、総務省地域力アドバイザーなど。

地域おこし協力隊×事業構想大学院大学 サテライトキャンパス設置事業募集要項

セミナー&説明会参加申込