MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. セミナー・説明会
  4. /

  5. 【自治体職員限定】デジタルツールを活用した自治体の業務改善最...

イベント セミナー オンライン 2024年8月7日(水)・8日(木) 開催

【自治体職員限定】デジタルツールを活用した自治体の業務改善最前線
生成AI・電子化・RPA・アフターガバメントクラウド・システム標準化

複雑化する地域課題に対応するため、自治体職員の業務量は右肩上がりに増大しています。現状を脱却するためには、生成AI、RPAなどのデジタルツールを活用しながら、業務プロセスを改善していくことが求められます。本イベントでは、生成AIやRPAなど最新デジタルツールを活用し、業務プロセスを変えた事例をご紹介します。

 

下記のような自治体関係者の方々に特におすすめです。

・庁内の業務改革が一巡したが、次の施策を考えている
・生成AI・RPAの庁内ルールから運用、人材育成手法まで知りたい
・生成AI・電子化・RPAなどのツールを使った業務改革の事例を知りたい
・ガバメントクラウド移行後を見据えて、今何をやるべきか抑えておきたい
 など

開催概要

◆日時  :2024年8月7日(水)・8日(木) 各13:00開始
      8月7日(水) DAY1 生成AI・電子化・RPAによる業務プロセス見直しのポイント
      8月8日(木) DAY2 アフターガバメントクラウドを見据えたシステム標準化対応と業務効率化のポイント

◆対象  :自治体首長、自治体 企画課・デジタル戦略・情報システム部門・業務改革担当  など

◆会場  :オンライン配信(アーカイブ配信有)

◆主催  :学校法人先端教育機構 月刊事業構想

◆協賛  :ServiceNow Japan合同会社ジャパンシステム株式会社
      株式会社インフォマート株式会社シーイーシー
      株式会社インターネットイニシアティブ三井住友カード株式会社

◆参加費 :無料

◆視聴形式:リアルタイムオンライン視聴

※ 本ウェビナーは自治体職員限定となります。自治体職員として登録された方でも、
  確認が取れない場合ご参加をご遠慮いただく場合がございます旨、予めご了承下さい。
※ 一度のお申込みで、8月7日(水)・8日(木)両方の講演を視聴いただけます。

プログラム

DAY1 8月7日(水) 生成AI・電子化・RPAによる業務プロセス見直しのポイント

13:00~13:20

≪自治体事例登壇【RPA】≫
「RPAのすすめかた」
豊中市 都市経営部 デジタル戦略課 伊藤 洋輔 氏

13:25~13:50

「自治体業務効率化と多彩な顧客対応の実現」
ServiceNow Japan合同会社
公共SC本部 Advisory Solution Consultant 安齋 宗一郎 氏

13:55〜14:35

「渋谷区事例から紐解く次世代行政経営、EBPMの目指すべき姿(仮)」
◇渋谷区 デジタルサービス部長 ICTセンター長(統括課長) 事務取扱 伊橋 雄大 氏
◇合同会社KUコンサルティング 代表社員/豊島区 元CISO 髙橋 邦夫 氏
◇ジャパンシステム株式会社 執行役員 兼 ServiceNow事業部 事業部長 中峯 孝範 氏

14:40〜15:05

「庁内&地域の働き方改革の鍵!会計DX手法の最先端」
株式会社インフォマート 執行役員 齋藤 文彦 氏

15:10〜15:35

三井住友カード株式会社

15:40〜16:00

≪自治体事例登壇【生成AI】≫
横須賀市 経営企画部 デジタル・ガバメント推進室 課長補佐 太田 耕平 氏

16:00〜16:05

後日公開

DAY2 8月8日(木) アフターガバメントクラウドを見据えたシステム標準化対応と業務効率化のポイント

13:00~13:20

≪自治体事例登壇【ガバメントクラウド】≫
「自治体システム標準化とガバメントクラウドの対応」
戸田市 デジタル戦略室長(CDO)
一般社団法人デジタル広域推進機構代表理事
総務省地域情報化アドバイザー
大山 水帆 氏

13:25~13:45

「安全・安心な自治体情報システムを支える3つの基盤サービス」
株式会社シーイーシー
営業本部 首都圏営業部 シニアアドバイザー 加藤 雄一 氏

13:50~14:05

「ネットワークから考えるマルチクラウド環境の最適解」
株式会社インターネットイニシアティブ
公共システム事業部 DX推進部 部長 松尾 佳代 氏

14:10~14:30

≪自治体事例登壇【ガバメントクラウド】≫
「次世代自治体デジタル共通基盤『ローカルガバメントクラウド』構想について」
北九州市 デジタル市役所推進室 DX推進課 技術総括係長 髙尾 芳彦 氏

14:30〜14:35

後日公開

登壇者・講演テーマ

DAY1 8月7日(水) 生成AI・電子化・RPAによる業務プロセス見直しのポイント

≪自治体事例登壇【RPA】≫ RPAのすすめかた

RPAの豊中市における導入状況から位置づけ、機運醸成の経緯などを示しつつ、成果について現場職員たちの声をいくつか取り上げながらご紹介。

伊藤 洋輔

(いとう ようすけ)

豊中市 都市経営部 デジタル戦略課

財政部門課長を経て、2020年にデジタル戦略課の前身である情報政策課長に就任。コロナ禍の同年8月に「とよなかデジタルガバメント宣言」、9月に「とよなかデジタル・ガバメント戦略」を策定、10月には「デジタル戦略課」を新たに設置し、様々な市民サービスやRPAなどの内部業務のDXを推進。

自治体業務効率化と多彩な顧客対応の実現

本講演では、各部門や業務をつなぎ、データの組織横断展開により業務効率化を促進するServiceNowのデジタルプラットフォームを紹介します。コンタクトセンターの例を用い、音声、チャット、ビデオなどオムニチャネル対応や生成AIによる自動応答、外部システム連携による迅速で一貫した顧客サポートのデモを行います。

安齋 宗一郎

(あんざい そういちろう)

ServiceNow Japan合同会社

公共SC本部 Advisory Solution Consultant

公共業界のお客様に対するソリューションコンサルタントとして技術面で支援しています。SaaSの活用を通じて「誰一人取り残されない」という目標のもと住民/市民や事業者に対してもサービス向上という形でメリットをもたらすことができる提案を心がております。

渋谷区事例から紐解く次世代行政経営、EBPMの目指すべき姿(仮)

中峯 孝範

(なかみね たかのり)

ジャパンシステム株式会社 執行役員 兼 ServiceNow事業部 事業部長

庁内&地域の働き方改革の鍵!会計DX手法の最先端

昨今の自治体DXの新トレンドとして『会計DX』があげられます。本講演では最先端の会計DX手法について解説いたします。会計DXの先進事例として、多可町様・鹿屋市様の当初抱えていた課題・会計DX導入に至った経緯などを交えてご紹介します。

齋藤 文彦

(さいとう ふみひこ)

株式会社インフォマート

執行役員

日本大学農獣医学部卒業後、食品メーカーの商品開発・研究部門を経て株式会社インフォマートへ入社。20年間、同社複数サービスの営業責任者を歴任し、100万社以上が利用する、企業間の電子商取引システム『BtoBプラットフォーム』の普及に貢献。現在、同社のデジタルガバメント事業部門の責任者を務めている。

≪自治体事例登壇【生成AI】≫

太田 耕平

(おおた こうへい)

横須賀市 経営企画部 デジタル・ガバメント推進室 課長補佐

化学メーカーから転職。都市部、市民部、財政部を経て2019年市役所内のシンクタンク組織である都市政策研究所(現:都市戦略課)に異動し、横須賀市基本構想・基本計画(YOKOSUKAビジョン2030)、実施計画策定を担当。2022年スマートシティ事業の立ち上げを担当。2023年4月より現職。

DAY2 8月8日(木) アフターガバメントクラウドを見据えたシステム標準化対応と業務効率化のポイント

≪自治体事例登壇【ガバメントクラウド】≫
自治体システム標準化とガバメントクラウドの対応

大山 水帆

(おおやま みずほ)

戸田市 デジタル戦略室長(CDO)

一般社団法人デジタル広域推進機構代表理事/総務省地域情報化アドバイザー

1965年生まれ。埼玉大学教育学部卒。87年川口市役所に入庁。2017年川口市役所を退職し戸田市役所に入庁。自治体システムデータ連携標準検討会委員(総務省)をはじめ、文字情報基盤WG(IPA)、文字要件に関するWT委員(デジタル庁)などを務める。総務省地域情報化アドバイザー、総務省経営・財務マネジメント強化アドバイザー。主な著書に「今さら聞けない?今だから聞きたい!自治体職員のためのマイナンバー実務1(基礎)・2(実践)・3(活用)」(ぎょうせい)「どうなる どうする自治体マイナンバー対応」(同)「これで万全!自治体情報セキュリティ」(日本加除出版)。

安全・安心な自治体情報システムを支える3つの基盤サービス

ガバメントクラウド移行のためのデータ連携共通基盤をはじめ、安全・安心な自治体情報システムの基盤となる3つのサービスをご紹介いたします。

加藤 雄一

(かとう ゆういち)

株式会社シーイーシー

営業本部 首都圏営業部 シニアアドバイザー

株式会社シーイーシー営業本部首都圏営業部の公共・情報通信セクションに所属。

ネットワークから考えるマルチクラウド環境の最適解

標準準拠システムをガバメントクラウドへ移行しつつ、オンプレミスやその他クラウド等様々な環境で稼働するシステムが存在する中、マルチクラウド環境におけるネットワークのあり方が課題になっています。本セッションでは、IIJのネットワーク・クラウド等の技術を強みとしたセキュアなマルチクラウド接続サービス、クラウド統合基盤やデータ連携機能等、マルチクラウド環境を構成するためのソリューションをご紹介します。

松尾 佳代

(まつお かよ)

株式会社インターネットイニシアティブ

公共システム事業部 DX推進部 部長

主に自治体・官公庁のお客様向けに、DX推進・スマートシティ推進に寄与するIIJのプラットフォームサービスの提案活動を行う。

≪自治体事例登壇【ガバメントクラウド】≫
次世代自治体デジタル共通基盤「ローカルガバメントクラウド」構想について

基幹業務システムの統一・標準化とガバメントクラウド移行後の新たなステージとして、目指すべき「国と地方のネットワークとデジタル共通基盤」の将来像についてご紹介します。

髙尾 芳彦

(たかお よしひこ)

北九州市 デジタル市役所推進室 DX推進課 技術総括係長

ガバメントクラウドとプライベートクラウドによるハイブリッドクラウド運用の実現に向けて、「クラウド共通基盤」の整備を担当。

Q&A

Q.いつまで申し込みが可能ですか。
 A.お申込み期限は8月6日(火)17:00までを予定しております。
     アーカイブ配信は準備が整い次第、視聴方法とあわせてご案内いたします。
Q.民間企業ですが申し込みは可能ですか。 
 A. 本ウェビナーは自治体職員限定となります。
   自治体職員として登録された方でも、確認が取れない場合は参加をご遠慮いただく場合がございます旨、予めご了承下さい。
Q.接続方法について教えてください。
 A.「開催2営業日前」と「当日の午前中」に送付させていただいております。
   メールが届いていない方について、過去に本学からの連絡を停止されている場合がございますため、
   配信設定を今一度ご確認ください。

   その他視聴に関するご質問・ご不明点は、下記にお問い合わせをいただけますでしょうか。
 【お問い合わせ】
 学校法人先端教育機構 月刊事業構想 ウェビナー事務局
 Tel: 03-6278-9031 (10:00~17:00)
 Mail:webinar@sentankyo.ac.jp
Q.資料はダウンロードできますか? 
 A.一部可能です。
   当日のご案内メールをご確認いただくか、フォーラムルームに入室されますと、チャット内のアナウンスなどで
   ご案内させていただいております。
Q.複数名で申し込みたいです。
 A.ご案内は記入されたメールアドレスのみにしか送られないため、各自お申し込みいただくことをお願いしております。

 オンラインセミナーお申し込みに関するプライバシーポリシー

 ■個人情報保護方針

 学校法人先端教育機構(以下「当法人」)(プライバシーポリシー)は、教育・出版・広告マーケティング業務において当法人が取

 り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守します。

 また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、

 経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言します。

 

 1. 個人情報は教育・出版・広告マーケティング業務において当法人の正当な事業遂行上並びに従業員の雇用、人事管理上必要な

   範囲に限定して、取得・利用及び提供をし、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないた

   めの措置を講じます。

 2. 個人情報保護に関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守致します。

 3. 個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく事業の実情に合致した経営資

   源を注入し個人情報セキュリティ体制を継続的に向上させます。また、万一の際には個人情報に関する法規制等に則り速やか

   に是正措置を講じます。

 4. 個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に、適切な対応をさせていただきます。

 5. 個人情報保護マネジメントシステムは、当法人を取り巻く環境の変化を踏まえ、適時・適切に見直してその改善を継続的に推進

   します。

 本方針は、全ての従業者に配付して周知させるとともに、当法人のホームページ、パンフレットなどに掲載することにより、いつで

 もどなたにも入手可能な措置を取るものとします。


 ■プライバシーポリシー(個人情報の取扱いについて)

 1. 事業者の名称

  学校法人先端教育機構

 2. 管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先

  管理者名:情報セキュリティ責任者
  所属部署:学校法人先端教育機構
  連絡先:電話03-3207-0005

 3.個人情報の利用目的

  ご本人より書面等(ホームページや電子メール等によるものを含む。以下「書面」という)に記載された個人情報を直接取得す

  る場合の利用目的
  インターネットなどで公開されている個人情報を、その公開目的と当法人の利用目的が一致した場合に限り、「商品、サービスに

  関する情報の提供および提案」「雑誌・書籍、セミナー、その他イベントに関する案内」等に利用する場合があります。

 (1)お客様情報

 ・契約の履行(商品、サービスの提供等)のため
 ・商品、サービスに関する情報の提供および提案のため
 ・商品、サービスの企画および利用等の調査に関する、お願い、連絡、回答のため
 ・商品、サービス、その他のお問い合わせ、依頼等の対応のため
 ・展示会、セミナー、その他イベントに関する案内、回答のため
 ・代金の請求、回収、支払い等の事務処理のため
 ・その他一般事務の連絡、お問い合わせ、回答のため
 ・お問い合わせや依頼内容の、誤りや漏れを防止するため
 ・防災・防犯等の安全管理処置のため

 (2)取引先情報

  商談及び業務上の諸連絡、受発注業務、請求支払業務のため

 (3)従業員情報

  従業員の人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理のため

 (4)採用応募者に関する個人情報

  採用応募者への連絡と当法人の採用業務管理のため

 4.個人情報の第三者提供

 当法人では取得した個人情報を、業務目的の達成に必要な範囲において、以下の要領で第三者に提供する場合がございます。

 (1)第三者に提供する目的
  ・書籍・雑誌の発送あるいは、教育講座資料送付のため
  ・新商品・サービス・イベントに関するお知らせのため

 (2)提供する個人情報の項目
  氏名、住所、会員番号、メールアドレス、電話番号、組織名、部署名、役職名

 (3)提供の手段又は方法
  個人情報が含まれる電子データに、パスワードをかけて授受いたします。

 (4)提供を受ける者の組織の種類、属性
  本学のセミナー・フォーラム等のイベントの共催・協力・協賛企業およびDM発送代行会社

 (5)提供を受ける者の利用目的
  新商品・サービス・イベント等に関するお知らせ

 (6)個人情報の取扱いに関する契約
  個人情報の取り扱いにつきましては、機密保持契約によって提供先が適切に個人情報保護を行なうよう義務付けています。

 5.個人情報取扱いの委託

  当法人は事業運営上、お客様により良いサービスを提供するために業務の一部を外部に委託しています。業務委託先に対して

  は、個人情報を預けることがあります。この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等に

  おいて個人情報の適正管理・機密保持などによりお客様の個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させ

  ます。

 6.個人情報の開示等の請求

  お客様は、当法人に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または

  消去第三者への提供の停止)に関して、当法人問合わせ窓口に申し出ることができます。その際、当法人はお客様ご本人を確

  認させてただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。

 7.個人情報を提供されることの任意性について

  お客様が当法人に個人情報を提供されるかどうかは、お客様の任意によるものです。ただし、必要な項目をいただけない場合、

  各ービス等を適切な状態で提供できない場合があります。

 8.ご本人が容易に認識できない方法により取得する場合について

  クッキー(Cookies)は、お客様が当法人のサイトに再度訪問された際、より便利に当サイトを閲覧していただくためのもので

  あり、お客様のプライバシーを侵害するものではなく、またお客様のコンピューターへ悪影響を及ぼすことはありません。

  また当法人のサイトでは個人情報を入力していただく部分にはすべてSSL(SecureSocketsLayer)のデータ暗号化システム

  を利用ております。さらに、サイト内における情報の保護にもファイアウオールを設置するなどの方策を採っております。

  ただし、インターネット通信の性格上、セキュリティを完全に保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

 9.認定個人情報保護団体について

  当法人が加入する認定個人情報保護団体は、ありません。

 10.プライバシーポリシーの変更手続

  当法人は、必要に応じて本ポリシーを変更します。但し、法令上お客様の同意が必要となるような本ポリシーの変更を行う場合

  、変更後の本ポリシーは、当法人所定の方法で変更に同意したユーザーに対してのみ適用されるものとします。なお、当法人は、

  本ポリシーを変更する場合には、変更後の本ポリシーの施行時期及び内容を当サイト上での表示その他の適切な方法により周

  知し、またはお客様に通知します。


 【お問合せ窓口】

 お客様の個人情報に関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。
 お問合せフォーム
 〒169-8518 東京都新宿区高田馬場1-25-30
 学校法人先端教育機構 個人情報問い合わせ係

 

  ◇ ServiceNow Japan合同会社 ◇ ジャパンシステム株式会社
  ◇ 株式会社インフォマート  ◇ 株式会社シーイーシー
  ◇ 株式会社インターネットイニシアティブ  ◇ 三井住友カード株式会社

 

お申し込み

お問い合わせ

学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学
月刊事業構想 ウェビナー事務局
 Tel: 03-6278-9031 (10:00~17:00)
 Mail:webinar@sentankyo.ac.jp

※開催直前はお電話がつながりにくくなる場合がございます。メールでのお問い合わせは、スムーズなご案内が可能です。