― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. セミナー・説明会
  4. /

  5. 「脱ビジネスモデル」で考えるメディア業界 新事業のカギ

説明会 セミナー オンライン ~3/23 開催

「脱ビジネスモデル」で考えるメディア業界 新事業のカギ
〜メディア業界 新価値創出プロジェクト研究セミナー説明会〜

デジタル社会の到来、情報発信手段の多様化により、「Facebook」や「Clubhouse」に代表されるように誰もが発信主体になっている今日、情報の受信も容易となり、各メディアの差別化が重要となっています。

メディア業界各社が新事業を創出するために、紙媒体からオンラインメディアへの移行や新たな課金モデルの構築などビジネスモデルに頼っていることも少なくありません。しかし、分析思考でビジネスモデルを構築することだけでは、新事業の創出は難しいのではないでしょうか。 

 

Netflixを代表とする大きく収益が出ているメディアは、「興奮」と「共感」を得る質の高いコンテンツを生み出し、徹底した顧客視点のサービスを、デジタルテクノロジーを活かしながら構想することで、新たな事業を生み出しています。

質の高いコンテンツという面では、地域新聞社やケーブルテレビのような地域メディアであればその土地ならではの地域資源、専門メディアであれば各業界の資源やネットワークなど、強みを上手く活用することで、新たな価値を生み出す大きなチャンスがあるのではないでしょうか。

 

いかに自社のコアコンピタンスを理解した上でコンテンツを磨き上げ、既存事業も活かす新たな事業構想を策定するのか。今回のセミナー説明会の登壇者には、これまで、大手新聞社やテレビ局等で、経営戦略のアドバイスや新規事業開発を手がけ、デジタル時代のメディア&エンターテイメント業界の未来を創出するコンサルティングを行った実績を持つ、事業構想大学院大学 客員教授の松永 エリック・匡史氏です。

 

また、5月から開講予定の「メディア業界 新価値創出プロジェクト研究」についても簡潔にご説明いたします。

登壇者

松永 エリック・匡史
(まつなが えりっく まさのぶ

事業構想大学院 客員教授

青山学院大学 地球社会共生学部 教授

アバナード株式会社 デジタル最高顧問

1967年東京生まれ。青山学院大学国際政治経済学研究科修士課程修了。バークリー音楽大学卒業。幼少期を南米(ドミニカ共和国)で過ごし、15歳からプロミュージシャンとして活動。エンターテイメント&メディアに特化したインダストリービジネスコンサルタント・DXのパイオニアとして、アクセンチュア、野村総合研究所、日本IBMを経て、デロイトトーマツコンサルティングメディアセクターAPAC統括パートナー・執行役員、PwCコンサルティングデジタルサービス日本統括パートナーとして、デジタル事業の立ち上げ、エクスペリエンスセンターをコンセプトデザインからリードした。2018年よりアバナード(株) デジタル最高顧問。2019年4月より青山学院大学 地球社会共生学部 (国際ビジネス、デジタルイノベーション) 教授。2020年4月より事業構想大学院大学 客員教授。

対象

地方新聞社・出版社・テレビ局・ラジオ局

専門紙(情報)、業界紙(情報)を扱うメディアで下記のような課題をお持ちの方

 

・新たな収益の柱となる事業を作っていきたい

・DXを経営課題と考えるも、どのように取り組むべきか方針が定まっていない

・既存事業を見直し進化させ、同時に新規事業考えていきたい

プログラム

(1)学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学ご紹介

(2)「脱ビジネスモデル」で考えるメディア業界の新事業

  事業構想大学院大学 客員教授 松永 エリック・匡史

(3)メディア業界 新価値創出プロジェクト研究のご紹介

開催概要

日時:

3月5日(金)19:00〜20:00
3月11日(木)8:00〜9:00、11:00〜12:00
3月18日(木)13:00〜14:00
3月20日(土)13:00〜14:00
3月23日(火)12:00〜13:00、19:00〜20:00

 

会場:オンライン開催

開催の2日前を目処に、接続先のURLを送付いたします

費用:無料(事前登録制)

お申し込み