こんなことを考えていませんか?

将来は新たな事業を起こしたい!
起業したいけれど、何から始めればいいのか…
組織やしがらみにとらわれず、地域や社会を変えたい!将来、事業を継ぐにあたり、何を準備したらいいかわからない…
将来は新たな事業を起こしたい!
組織やしがらみにとらわれず、地域や社会を変えたい!
起業したいけれど、何から始めればいいのか…
将来、事業を継ぐにあたり、何を準備したらいいかわからない…

その夢をカタチにするためには

社会の中から事業の種を探し、構想を考え、実現可能な計画に落とし込んでいく必要があります。
それを実現できるのが、事業構想大学院大学です!

事業構想大学院大学とは

  • アイデアを生み、事業を構想する、唯一の専門職大学院

    事業構想を、日本で初めてカリキュラムとして体系化し、教育・研究の場を提供。社会の中から事業の種を探し、構想を考え、実現可能な計画に落としていく「事業構想修士」を育成します。時間割は平日夜と土曜日、表参道駅徒歩1分の立地で、働きながら通うことができます。


    主に、以下のような人物を対象としています。
    1.新規事業担当者
     (及び将来携わりたいと希望する者)
    2.地域活性化を志す者
    3.ベンチャーを興したいと考える者
    4.事業承継者(及び事業承継予定者)

    アイデアを生み、事業を構想する、唯一の専門職大学院アイデアを生み、事業を構想する、唯一の専門職大学院
  • MBAの限界を突き破る
    事業アイデア・構想

    従来のMBA(経営管理修士)は、事業を分析・整理し、利益を最大化することが目的。一方MPD(事業構想修士、Master of Project Design)は、MBAの前段階となる事業構想を考え、実現可能な構想計画を研究することを目的としています。構想するのと並行して、自分にとって必要な経営学の知識を習得します。

    MBAの限界を突き破る事業アイデア・構想MBAの限界を突き破る事業アイデア・構想
  • 限りなく広がる人脈

    年間150人を超える、各界を代表する事業家、時代をリードする実業家、見識豊かな専門家、グローバルに活躍するクリエイター等を招聘。テキストの事例研究では得られない生きた知見に触れ、新たな着想を得ます。また、志を同じくする多様な仲間とのコミュニティーは一生の財産となります。


    招聘講師(抜粋)
    ・瀬戸健氏(RIZAP(ライザップ)代表取締役社長)
    ・石破茂氏(元地方創生担当大臣)
    ・大山健太郎氏(アイリスオーヤマ 代表取締役社長)
    ・藤田晋氏(サイバーエージェント 代表取締役社長)

    限りなく広がる人脈限りなく広がる人脈

院生の声

  • 小嶋英貴さん小嶋英貴さん

    MBAにはない、アイデアを形にする力
    -小嶋英貴 さん 5期生(2016年度入学・在学中)

    当初はMBAの取得を考えていましたが、本当に自分に必要なものは、人とは違う「面白さ」であるということに気づき、アイデアの発想を重視するこの大学院へ入学しました。今入学すべきなのか迷いもありましたが、時間・学びの質・資金など様々な観点から、20代の今だからこそ自分の成長のために入学を決断しました。授業のグループワークを通して、書籍を2冊出版しました。
    『マジ文章書けないんだけど』 『3行しか書けない人のための文章教室』

  • 大橋桃太郎さん大橋桃太郎さん

    社会課題のビジネス化に無限の可能性
    -大橋桃太郎 さん 6期生(2017年度入学・在学中)

    経済的な利益のみを追求するのではなく、社会の課題を解決することを前提にした事業の組み立てに、ビジネスの無限の可能性を感じました。大学院で得られた気づきや新しい視点により、自分の視野が広がり、課題を掘り下げることができました。今では、入学当初に考えていた構想計画とは異なる構想を描いています。

  • 黒田千佳さん黒田千佳さん

    WEB母子健康手帳によるソーシャル・イノベーション構想
    -黒田千佳 さん 1期生(2012年度入学)

    地球上の乳幼児の死亡原因は、感染症、下痢、栄養不足が上位を占めるなか、日本の “母子手帳” が活かせないか。これらを背景にして立ち上げた「Save the Baby」プロジェクト。世界の公共財となる「Global Data Commons for Baby Care」構想を、MIT(マサチューセッツ工科大学)Climate CoLab Contests 2014に提案。グローバルファイナリストに選出され、審査員賞を受賞した(プロジェクト詳細)。

2018年度 募集概要

説明会・夏期選考日程
(2018年4月入学)

FAQ

働きながら通学できますか?
 

はい、可能です。講義は平日夜と土曜日に行っていますので、平日は昼間働いて夜大学院に通っている院生も多数いらっしゃいます。表参道駅徒歩1分という、通いやすい立地です。

20代でまだ社会経験が浅いので、講義についていけるか不安です。

本学では従来型の受動的な講義ではなくPBL(Project-Based Learning)を取り入れておりますので、事業構想に対する積極的な意思があれば、実社会で行われている事業に参画したり、院生同士の活発な議論に十分加わることができます。

修了後の進路はどのようになりますか?
 

すでに所属されている組織で活躍される方もいれば、修士号取得を機に新たな挑戦をされる方もいらっしゃいます。就業経験のない方でも、教授や院生などの人脈を通じてビジネスチャンスはたくさんあります。実社会とつながっている本学の課程を身につければ、新たな可能性が開けます。

奨学金は利用できますか?
 

日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金がご利用いただけます。また、在学中は本学が教育ローンの金利手数料を支援する制度があります。

教育訓練給付金は受けられますか?
 

本学は対象講座に指定されていますので、2年間で最大96万円の教育訓練給付金が受けられます