― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE

クリエイティビティ+MBA=
事業構想修士
名古屋 事業構想大学院

クリエイティビティ+
MBA=
事業構想修士
名古屋 事業構想大学院

(本校舎 東京・南青山)

事業構想大学院大学
 事業構想修士(MPD)について 

MPD=事業構想
MBA=経営管理

変化の激しい現代社会において、未来を見据えた新しい事業を構想する力が求められています。
事業構想修士は、新規事業を構想するための研究であり、日本ではじめて実践教育の場を提供したのが「事業構想大学院大学」です。

既存の事業やアイデアを分析、効率化して利益を最大化することを目的とし、経営をマネジメントしていくMBA(経営管理修士)に対し、
MPD(事業構想修士)は、事業の根本から発想し、理想となる事業構想を考え、
実現可能なまでアイデアを出し、事業計画を構築します。

詳しく見る

名古屋 事業構想大学院について

事業構想大学院大学は、理想の姿を描き、実現可能な計画に落とし込む事業構想について、
日本で唯一、体系化したカリキュラムを保有する大学院です。
2年間で事業構想修士(MPD)の学位を取得できます。
名古屋の有力実務家や研究者が直接指導し、また東京の第一人者によるLIVE中継授業も行なっています。

  • イメージ画像

  • イメージ画像

  • イメージ画像

アイコン
アイコン

教員・ゲスト講師

教員

  • 田中 里沙
    学長・教授
    マーケティング・社会分析

    広告・マーケティングの専門雑誌「宣伝会議」編集長・編集室長などを歴任の後、2016年より現職。

  • 谷野 豊
    研究科長・教授
    (株)分子生理化学研究所 取締役

    分子生理化学研究所にて製品開発・学術部の責任者を務め、2017年より現職。

  • 一條 和生
    プロボスト・特別招聘教授
    一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻 専攻長・教授

    株式会社シマノ社外取締役、パナホーム株式会社社外取締役などを兼任。

  • 下平 拓哉
    教授
    戦略、危機管理、リーダーシップ

    防衛の「現場」と安全保障の「学術」の融合を信念に、30年以上にわたり防衛の最前線で勤務。

  • 岡部 聰
    客員教授
    元トヨタ自動車専務取締役(新興国担当)

    トヨタ自動車にて新興国での事業展開に携わり、エグゼクティブアドバイザーなどを歴任。

  • 田浦 俊春
    教授
    イノベーション

    Designと創造性の研究に関する国際的先駆者の一人であり、国際会議や国際雑誌の創設者の一人。

  • 雲井 純
    客員教授
    (株)百五総合研究所シニアアドバイザー

    株式会社百五銀行代表取締役専務、株式会社百五総合研究所代表取締役社長などを歴任。

  • 岩田 正一
    客員教授
    (株)新東通信スケッチ 代表取締役

    独自のコンセプトシートによるマーケティング分析、プランニング、クリエイティブ活動を展開。

ゲスト講師

  • 藤田 晋 氏
    サイバーエージェント
    代表取締役社長

  • 増田 宗昭 氏
    カルチュア・コンビニエンス・クラブ
    代表取締役社長兼CEO

  • 南場 智子 氏
    ディー・エヌ・エー
    代表取締役会長

  • コシノジュンコ 氏
    ファッションデザイナー

  • 林野 宏 氏
    クレディセゾン
    代表取締役社長

  • 佐々木 一郎 氏
    ブラザー工業
    代表取締役社長

  • 神野 吾郎 氏
    サーラコーポレーション
    代表取締役社長

  • 杉浦 昭子 氏
    スギホールディングス
    相談役

ほか、創業経営者・最先端分野研究者・
クリエイター・哲学者など多数
(肩書は講演当時)

院生・修了生の声

  • 杉山 正城 さん
    名古屋校1期生(2019年度入学)

    学んだ知見を
    事業に即活用

    大学院では自由な発想やイノベーションなどの考え方を学びました。「実践アイデア発想演習」などの授業で学んだメソッドはすぐ業務に生かせるので有意義です。教授陣は他大学でも教鞭を執る学術系の方から、実務経験豊富な方まで、個性の豊かな方が揃っているので、大変勉強になります。学べば学ぶほど自分の勉学が足りていないことを痛感する日々です。

  • 萩原 悦子 さん
    (メ~テレ [名古屋テレビ放送]
    営業局セールスソリューション部・マネージャー)
    名古屋校1期生(2019年度入学)

    自身と会社の変革を

    会社の変革の必要性、その中での自身の立場、会社に貢献しながら研究できる環境と、今なら名古屋校一期生に間に合うことを運命と感じ、出願しました。様々な職種・経歴の方々との触れ合い、そして幅広い知見と人脈をお持ちの教授陣との対話を通じ、自分が成長できそうとワクワクしております。テレビ業界を軸として新しい時代に新しい感動を生む事業構想を実現したいと強く思っております。

  • 榊原 朱依子 さん
    (氷感サプライ 営業開発部長)
    名古屋校1期生(2019年度入学)

    自由な発想から
    新しい価値を生み出す

    今後、事業承継し存続させていくためには経営学を学ぶ必要があると考えていましたが、変化する現代の世の中では新しい価値を生み出し続ける必要があると同時に感じており、それらが両方学べるということで迷いなく、本学に入学を決意しました。会社では生鮮食品を生のまま長期に鮮度保持ができる「氷感庫」の設計施工・販売を通し、生鮮食品を工業製品のように在庫で持てる環境の構築を進めています。

名古屋 事業構想大学院

  • 住所

    〒450-6627 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー27階

  • 最寄り駅

    JR「名古屋」駅直結

  • 電話

    052-541-8411

  • アクセス

  • 設置研究科等

    事業構想研究科 事業構想専攻​

  • 入学定員

    20名

  • 入学選考

    書類審査、面接選考​

  • 入学時期

    4月​

  • 学位

    事業構想修士(専門職) MPD(Master of Project Design)​

  • 学長

    田中 里沙​

  • 修業年限

    2年間​

  • 修了単位数

    34単位以上​

  • 授業日

    平日夜間ならびに土曜日昼間​

  • 開校

    2019年4月1日