MENU CLOSE

事業承継

地盤改良事業を継承発展、業界イメージを刷新

 

義父から事業を継ぎ、薬液注入工法による地盤改良工事を事業とするSOEIホールディングスの経営トップに就任しました。建設業界は社会的ニーズが高まる一方で担い手の高齢化が著しいため、若手の獲得と共に、中堅層に技能承継を担ってもらうことが課題です。新卒採用と世代交代を毎年地道に進めた結果、年齢分布は2018年現在で、55歳以上が22%、29歳以下が30%と業界比率を逆転し、世代の適正化が進みました。大学院在学中の同期クリエイターや、御縁で知り合った服飾デザイナーらの協力を得て、新しい作業服も制作しました。意外な創発も、社会人が多く通う専門職大学院のメリットだと思います。

東京都から工法学科の短期コース認定を受け、2017年4月から職業訓練校制度を開始しました。OJT用の技能者育成短期課程では他の中小企業で類を見ません。国連で2015年に採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」が目指すのは、前身のミレニアム開発目標(MDGs)以来、貧困削減や飢餓撲滅、教育水準の向上でした。これは「手に職を持てば、女性・外国人・高齢者など誰もが自ら稼得を生み、生活水準を高められる」という意味で、弊社の経営理念に相通ずる側面があると考えています。

 

バングラデシュでの海外事業を視察

 

若山 圭介

若山 圭介

(わかやま けいすけ)
SOEIホールディングス株式会社 代表取締役社長
東京1期(2014年修了)