― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. 院生・修了生
  4. /

  5. /

  6. 公民連携の構想で地域に貢献

New

現役院生

公民連携の構想で地域に貢献

故郷である鹿児島県阿久根市にUターンし、市議会議員を6年間勤めています。これからは、行政と民間が知恵を出し合って地域のために事業を進めていく時代だと思います。大学院では「公民連携」による構想を研究したいと思っています。

 

普段は阿久根市の自宅からほぼ毎日オンライン受講ですが、オンラインでも予想以上に自然なコミュニケーションができています。おかげで週末に校舎へ出向くと、まるで旧知の仲間のような感覚ですぐに打ち解けられます。授業で学んだマーケティングの思考や手法が、議員として市民目線で考える際のヒントになるなど、実務にも活かされています。

 

私は以前アメリカの大学院(コーネル大学ホテル経営大学院)を修了し、 本学は2つ目の大学院となります。福岡校の同期では最年長ですが、いくつになっても勉強することで自分自身の成長にもなり、仕事や社会で貢献することができると思っています。

 

 

出典:事業構想オンライン https://www.projectdesign.jp/articles/ca6e891b-8a0c-4e1e-8f15-6787ec6203a0

月刊事業構想「MPD通信」はこちら

 

白石 純一

白石 純一

(しらいし じゅんいち)
鹿児島県阿久根市議会議員
福岡校4期生(2021年度入学)