1. home
  2. 事業構想研究所
  3. プロジェクト研究
  4. シティプロモーション事業構想プロジェクト研究

プロジェクト研究

シティプロモーション事業構想プロジェクト研究

~地域の理想の姿から考える効果的な施策とKPI策定~

 シティプロモーションとは、本来あるべき地域の理想の姿から、マーケティング戦略を考え、その上でプロモーション戦術を構築していくべきと考えられますが、実態とは乖離があるようです。その解決のため、そして来るべき時代に備えるため、自治体はマーケティングやプロモーションに精通した担当者を育てる必要があるでしょう。
 本プロジェクト研究の目的は、マーケティングによる課題と機会の抽出、コア・アイデアの策定、ゴールイメージの設定から最適なプロモーションメディア選択、更にはKPI検証まで見据え、効果的なシティプロモーションを生かした地域活性化を先導することです。

資料請求・お問い合わせ


対象者(自治体・民間企業の方)

〇自治体の課題解決施策として幅広いプロモーション手法を活用したい方
〇KPIの不明確なシティプロモーションを改善し、効果的な施策で地域住民に寄与する事業構想を望まれる方
〇現在、自治体において関与されている方、またはその予定である方

実施期間 / 募集締切

2018年1月~2018年12月 / 2017年12月22日(金)〆切

募集人数

15名(定員に達した時点で募集を終了します)

費用

120万円/人(税別)

本プロジェクト研究の対象範囲

短期中長期
市町村 ・課題別シティプロモーション手法検討
・喫緊の課題を解決するためのシティプロモーション計画策定
・マーケティングによる本質的な課題と機会の抽出
・社会動向・環境の深い理解、資源の掘り起こし、再定義による独自性が高く、効果測定が可能な事業を構想
都道府県区 ・顕在ニーズの調査分析
・顕在ニーズに対する短期間でのシティプロモーションの構築(フォアキャスティング)
・社会動向・事業環境の深い理解、潜在ニーズの掘り起こし、住民・自治体の理想からの逆算(バックキャスティング)による事業構想の構築
・実践施策のPDCAによる精度向上

担当教員

岸波 宗洋きしなみ・むねひろ
事業構想大学院大学 教授 事業構想研究所所長
(専門分野:イノベーション&マーケティング)
事業構想研究所所長。青山学院大学経営学部助手、青山学院大学総合研究所研究員、青学コンサルティンググループ専務取締役、コモンズコンサルティングパートナーズ取締役社長等を歴任。スタンフォード大学との遠隔ビジネス教育における国際共同研究、ナショナルクライアントの戦略コンサルティング、業務提携等に携わる。

亀岡 勇人かめおか・はやと
事業構想修士(事業構想大学院大学 修了生)
プロモーショナル・マーケター
株式会社フラクタル 代表取締役
2002年セールスプロモーションエージェンシー設立。食品、日用品、製薬、玩具メーカーや自治体など幅広い業種のクライアントのプロモーションを手がける。本研究会では、主にマーケティング・プロモーションの支援、企業とのコラボレーションなどネットワークをいかしながら、研究員の事業構想研究に貢献していく。
資料請求・お問い合わせ