FIT”0円”モデル事業構想 プロジェクト研究 | 事業を生みだし、未来を創る、事業構想大学院大学(東京・表参道)
  1. home
  2. 事業構想研究所
  3. プロジェクト研究
  4. FIT”0円”モデル事業構想 プロジェクト研究

プロジェクト研究

FIT”0円”モデル事業構想 プロジェクト研究

はじめに

固定価格買取制度(以下、FIT)の買取価格が年々低減し、また、今年度は制度開始後初めてとなる、法改正が施行されました。今期は、改正FIT法に則った事業計画認定を各社進めている状況です。一方で、更なる買取価格の低減と、入札制度や、事業認定の厳格化などから、『脱・FIT』のビジネスモデルを模索する企業・経営者も増えている状況です。

太陽光を中心としたエネルギービジネスでは、住宅向け市場や、FIT制度に依存しない自家消費モデル、さらには、エネルギーの新たな取引・ネットワークのスキームを活用したビジネスモデルなど、次なる展開を構想する必要があります。

エネルギー制度や動向を把握しつつ、自社が取り組める持続可能な太陽光・エネルギーの事業モデルを構築する目的で、本プロジェクト研究を開催します。

事業構想プロジェクト研究概要

事業構想プロジェクト研究は、1年間にわたり、新たな事業を創出することを目的にした研究会です。隔週で、事業構想大学院大学にて研究会を開催し、有識者を招いての講演や、自社の事業に照らし合わせた、次なる事業モデルの構想・構築を行います。


対象

・太陽光など、再生可能エネルギービジネスに従事する経営者・事業責任者
・『再エネ・自家消費』のビジネスモデルを展開したい経営者・事業責任者
・『住宅向けエネルギー商材』の販売モデルを実現したい経営者・事業責任者
・太陽光などの再エネに取り組んでおり、ネガワット等の取引ビジネスをしたい
 経営者・事業責任者


募集概要

・実施期間:2017年10月12日(木)~2018年9月27日(木)
・募集人数:15名(※最少実施人数10名、定員に達した時点で募集を終了します)
・開催日程:毎月第2第4木曜日 13時~17時(全24回)
・開催場所:事業構想大学院大学
      東京都港区南青山3-13-16(表参道駅・徒歩1分)
・プロジェクト構成員:教授、客員教授、プロジェクト研究員、ゲスト講師
・ゲスト講師:経済産業省・大臣・首長・シンクタンク・大手ゼネコン・通信・電気メーカー等
・プロジェクト研究員の資格
 ・担当教員や本学教員への個別相談
 ・事業構想大学院大学主催「事業構想スピーチ」への参加
  (多彩なゲストを招聘。年50回程度開催。)
 ・図書館、サロンの利用、オンラインデータベースの利活用、アーカイブ視聴、
  メディア利活用、名刺、研究員証貸与
・申し込み期限:
 ・一次締め切り:2017年7月31日
 ・二次締め切り:2017年8月10日
 ・三次締め切り:2017年8月31日
 ・四次締め切り:2017年9月19日
 ・五次締め切り:2017年10月5日
 ※定員に達しない場合には、延長する場合があります。
 ※定員になり次第締め切ります。
・研究参加費:120万円 / 人(消費税別途)
 ※全額前納(開始前月20日までの納入になります)
 ※個人でお支払いの場合には本学提携ローンを利用できます。

過去の実績

 環境・エネルギー分野(太陽光・新電力等)のプロジェクト研究5回
 研究企業:55社
 主なテーマ:電力小売自由化/地域エネルギー

担当教員プロフィール

岸波 宗洋きしなみ・むねひろ
事業構想大学院大学 教授
事業構想研究所 所長
青山学院大学経営学部助手、青山学院大学総合研究所研究員、青学コンサルティンググループ専務取締役、コモンズコンサルティングパートナーズ取締役社長等を歴任。スタンフォード大学との遠隔ビジネス教育における国際共同研究、ナショナルクライアントの戦略コンサルティング、業務提携等に携わる。
お問い合わせ・資料請求