1. home
  2. 事業構想研究所
  3. プロジェクト研究
  4. 開業医のための予防医療と事業構想

Project Researchプロジェクト研究

開業医のための予防医療と事業構想

~アンチエイジング、予防医療を活用したクリニックの新ビジネスを開発する~

プロジェクト概要

これから超高齢社会に迎えるにあたって、医療はその変化の波の最先端に立つことになります。社会保障の財源不足や認知症・要介護患者の急増など大きな変化にさらされる一方で、成長戦略の中心課題に据えられるなど医療への期待は高まる一方です。医療ビジネスこそが新しい時代を切り拓く旗手とも言える状況です。特にアンチエイジングは、超高齢社会において最も期待されているアプローチの一つです。抗加齢医学の知見を実際の事業に落とし込み次世代医療を構築することが求められています。

今回は、事業構想大学院大学とコーチAによる共働で「アンチエイジングクリニックの経営モデル」を構想するプロジェクト研究が発足いたしました。

事業構想大学院大学は、事業を構想することに特化した大学院大学です。事業構想をする際には、事業が作り出す理想の姿を描くことから始まり、社会の変化を読みながら、自組織や地域・利害関係者の資源を最大活用し、持続的に貢献する新しい事業を構想します。そこに組織変革や行動変容を促すコーチングに関する圧倒的な実績を有するコーチAのノウハウが組み合わさることで、今まだにない新しいアンチエイジング、予防医療のビジネスモデルづくりを支援させて頂きます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

プロジェクト研究における研究員の条件は、医師・歯科医師・病院経営に携わる方のなかで、以下の通りです。

  • アンチエイジング・予防医療サービスの事業化をしたい方
  • 患者によりよいアンチエイジング・予防医療を提供したい方
  • 今までとは違った新しい構想でクリニック運営を拡大したい方

募集概要

  • 実施期間
    2017年4月27日〜
  • 応募締切
    2017年2月28日
  • 応募状況
    募集終了
  • 募集人数
    10名〜15名
  • 研究参加費
    年間120万円(消費税別)
  • 研究開催日程
    月2回、1回あたり4時間

本学のプロジェクト研究は、学校教育法に基づく履修証明プログラムです。所定の課程を修了された方には、文部科学大臣認定「職業実践力育成プログラム(BP)」の修了証書が授与されます。

本プロジェクト研究は、厚生労働省の教育訓練給付金(専門実践教育訓練)の対象講座です。最大で48万円の給付金を受けることができます。雇用保険加入2年以上、研究参加費が個人負担であることなどの条件があります。ご活用希望の場合には必ず事前に、事務局までお問い合わせください。

担当教員プロフィール

澤登 雅一さわのぼり・まさかず
三番町ごきげんクリニック 院長。医学博士
1992年、東京慈恵会医科大学卒業。血液内科医として、日本赤十字社医療センターにて14年間勤務。2005年より現職。東海大学医学部血液腫瘍内科非常勤講師、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授

小塩 篤史こしお・あつし
事業構想大学院大学 事業構想研究科 准教授
東京大学大学院、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 客員研究員、株式会社CSK-IS 研究員、日本医科大学医療管理学教室 助教を経て現職。専門は、経営科学、システム科学、未来学、医療経営・情報学など。
ページ先頭へ