人工知能を活用した新事業プロジェクト研究 | 事業を生みだし、未来を創る、事業構想大学院大学(東京・表参道)
  1. home
  2. 事業構想研究所
  3. プロジェクト研究
  4. 人工知能を活用した新事業プロジェクト研究

プロジェクト研究

人工知能を活用した新事業プロジェクト研究

概要

GoogleやFacebookなどが人工知能分野に莫大な投資を進めるなかで、人工知能エンジニアの数も限られている日本企業は、どのようなビジネスを構築すべきなのでしょうか。
それには、人工知能からビジネスを考えるのではなく、人工知能の可能性を最大限理解し、そのビジネス構造を分析した上で、 限られたリソースを活用し、新たな事業モデルを構築することが必要です。
その場合、大学の工学部との共同研究や民間のIT企業との協業をすることにより、新規ビジネスを立ち上げるのも一つの選択肢になるでしょう。
本プロジェクト研究では、他機関と連携し人工知能を活用した新規ビジネスを立ち上げることも視野に入れ、下記を実施します。

1.人工知能を活用した新規ビジネス構想計画を立てる
2.技術的な知識と共同研究のスキームについて学ぶ
3.人工知能研究者のマインドを学ぶ



資料請求やお問い合わせは下記よりお願いします。

資料請求・お問い合わせ

対象者

プロジェクト研究における研究員の条件は、以下のいずれかに当てはまる方です。
・外部機関と連携しAIを活用した新規ビジネスを立ち上げたい方
・AIに関する技術的シーズを持つ事業者
・活用可能性の高いデータ資源を持つ事業者


ポイント

・AI関連の最前線を学ぶことができる
・自社の技術資源/経営資源を掘り起こすきっかけになる
・AIを活用し、自社に適した事業構想の創出につなげることができる

カリキュラム

日程テーマ内容
7月13日(木)研究準備会人工知能ビジネス概論 / 自社課題整理 等 ※参加無料
7月27日(木)オリエンテーション事業構想とは/研究の進め方/問題定義/チームビルディング
8月10日(木)AIを取り巻く基礎知識①技術経営の考え方・枠組みに関して
8月24日(木)AIを取り巻く基礎知識②AIと事業の関係性について
9月7日(木)シーズの把握①人工知能シーズ(深層学習、集合知、自然言語処理等)の
全体把握①
9月21日(木)シーズの把握②人工知能シーズ(深層学習、集合知、自然言語処理等)の
全体把握②
10月5日(木)自社資源の掘り起こし①データ資源、経営資源の明確化①
10月19日(木)自社資源の掘り起こし②データ資源、経営資源の明確化②
11月2日(木)人工知能時代の把握と
事業構想①
現代社会のニーズと、技術シーズの確認
11月16日(木)人工知能時代の把握と
事業構想②
上記ニーズとシーズのマッチング
11月30日(木)人工知能時代の把握と
事業構想③
自社ならではの構想計画を練る
別途個別相談個別相談による今後の人工知能ビジネス研究

募集概要

  • 実施期間:2017年7~12月
  • 募集人数:20名(定員に達した時点で募集を終了します)
  • 研究開催日程:全10回+個別相談1回
  • 研究参加費:80万円 / 人(税別)
  • 開催場所:事業構想大学院大学
         東京都港区南青山3-13-16(表参道駅・徒歩1分)

参考資料

■担当教員による実施済関連セミナー資料
 「人工知能を活用した新事業セミナー」

■月刊事業構想 掲載記事
 「欧米企業に負けないために AIビジネスの「構造」と戦略を分析」

担当教員プロフィール

小塩 篤史こしお・あつし
事業構想大学院大学 事業構想研究科 教授、研究科長
東京大学大学院、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 客員研究員、株式会社CSK-IS 研究員、日本医科大学医療管理学教室 助教を経て現職。専門は、経営科学、システム科学、未来学、医療経営・情報学など。

資料請求やお問い合わせは下記よりお願いします。

資料請求・お問い合わせ