1. home
  2. 事業構想研究所
  3. プロジェクト研究
  4. とちぎ創生プロジェクト研究

プロジェクト研究

とちぎ創生プロジェクト研究

とちぎ創生プロジェクト研究

趣旨

社会経済の情勢が変化し続ける中においても、将来にわたって活力ある社会を維持し発展していかなければなりません。人口減少が進み、地域のコミュニティ力が低下するなかで、「地域社会を担う人材」の育成や確保が、切実な問題として存在します。

「とちぎ創生プロジェクト研究」は、栃木県にある「社会的課題」を解決する「事業構想」を策定し、社会的課題に対峙する人材の育成を目的に開講するものです。受講者の方には、12ヶ月のカリキュラム期間中、事業構想研究所の研究員として活動をしていただきます。そのため、研修講座ではありません。インプットなくアイデアをグループで出し合い、最大公約数を導くようなアイデア発想ワークとも異なります。所属先を代表し、プロジェクト研究員として、知見を獲得しながら、社会的課題を解決するための「事業構想」の構築を行う活動です

とちぎの創生のために、一過性のアイデアだけで終わらせるのでなく実現し、継続できる事業の事業構築と推進する人材の育成を目的に開催します。

お申込み・お問い合わせ

 

研究会の特徴

  • 本学の修士課程のカリキュラムのエッセンスを活かし、研究参加者の新たな事業構想構築を行う12ヶ月間の研究会です。
  • 10~15名程度の研究員で構成し、1人の担当教員がコーディネーションとファシレテーションを行いながら、研究員の知見を高めながら推進していきます。
  • 定例の研究会は、1回4時間、隔週1年間で24回開催。時にゲスト講師を招きながら、研究員の視野を広め視点を磨きながら、研究員各自の事業構想を構築していくものです。
  • 研究員は非常勤(雇用関係なし)で、日常の仕事に就きながら、研究会に参加。大学院附属研究所の研究員の資格が付与され、研究員証、名刺が貸与されます。大学院の知やネットワーク、施設を活用することができます。

担当教員

鈴木 洋仁すずき・ひろひと
事業構想大学院大学 准教授
東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(社会情報学)。京都大学総合人間学部卒業後、関西テレビ放送、ドワンゴ、国際交流基金、東京大学を経て現職。専門は、歴史社会学。


募集概要

・実施期間
 2018年10月~2019年10月(1年間)
・定例研究会
 全24回
・開催場所
 宇都宮市内
・参加資格
 満22歳以上の栃木県在住又は在勤者
・対象
 栃木県内において
 ・地域活性化に取り組みたい方
 ・企業内で新規事業に取り組みたい方
・研究参加費
 1,296,000円(税込)
・募集定員
 10名~15名
・応募方法
 専用の応募用紙に必要事項を明記して、履歴書と一緒に下野新聞社業務推進部へ郵送してください。応募用紙は、下野新聞社公式ホームページよりダウンロードしてください。
・応募期間
 9月3日(月)消印分まで有効
・主催
 学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学
・共催
 NEZASホールディングス、下野新聞社

助成金・給付金

本プロジェクト研究は、厚生労働省の教育訓練給付金(専門実践教育訓練)の対象です。必要な条件を満たせれば、以下の2種類の助成金・給付金をご利用できる可能性があります。
法人向け(人材開発支援助成金 旧:キャリア形成促進助成金)は、栃木労働局までお問合せください。
個人向け(教育訓練給付金)は、ご本人の住所を管轄するハローワークまでお問合せください。
※初回の1ケ月前までの申請が必要となります。

文部科学大臣認定 職業実践力育成プログラム

本学のプロジェクト研究は、学校教育法に基づく履修証明プログラムです。所定の課程を修了された方には、文部科学大臣認定「職業実践力育成プログラム(BP)」の修了証書が授与されます。 BPロゴ

お申込み・お問い合わせ