理想と現実をつなぐ | 事業を生みだし、未来を創る、事業構想大学院大学(東京・表参道)
  1. home
  2. 大学院で研究すること
  3. 理想と現実をつなぐ

理想と現実をつなぐ

経営資源を活かし、 理想を描いて事業を構想する。

日本の社会はいま大きな岐路に立たされています。
答えのない問題に立ち向かう姿勢。
アイデアをゼロから生み出し、実行する力。
左脳だけでなく、右脳を。論理だけでなく、感性を。
そして、世界に向けてチャレンジする気持ちを。
そういったものを育むための教育システムと研究が重要です。
そのアプローチとして、事業構想研究が注目されています。

事業構想は、社会課題を解決するためのアプローチ。

事業構想は、社会課題を解決するためのアプローチです。実現したい社会を想像し、理想の事業を構想すること。現状を積み重ねていくFORECASTINGではなく、理想の世界から逆算するBACKCASTINGの手法をとります。理想の事業を構想し、今ある課題を解決する。そのアプローチとして、事業構想研究が注目されています。