背景

多くの経営者が、GAFAに代表される巨大プラットフォーマよる異業種の参入に直面し、既存事業をディスラプト(破壊)されるリスクに直面しています。未来に向けて、競争力を強化し、企業が新たな価値を創造し続けるために、デジタル技術を最大限に活用した、DX(デジタルトランスフォーメーション)に真剣に取り組むことが求められています。

 

一方で、「2025年の崖*」も課題として指摘されています。(*既存システムの複雑化・ブラックボックス化やDXによる現場の業務見直しが克服できない場合、2025年移行、最大12兆円/年の経済損失が生じる可能性がある問題。)

 

新型コロナウィルスに代表されるように、VUCA*という変化が激しい時代に、起きている潮流を理解し、自社の提供価値をみつめ、事業ビジョンを起点にデジタル技術でビジネスを革新していくにはどのようにすべきか……。(*Volatility「変動性」、Uncertainly「不確実性」、Complexity「複雑性」、Ambiguity「曖昧性」)

 

DXにどのように取り組み、新しい価値創出をしていくかを解説しつつ、DXを活かした新事業、事業戦略を1年間で構想することを目的とした研究会について、ウェビナー説明会を開催します。

 

●対象者
・DXを活かして新しい事業を立ち上げたい方
・DX推進担当になったものの進め方がわからない方

ウェビナー説明会

開催日時:2020年7月21日(火) 13:30~14:30

プログラム:

・なぜ、企業のDXには構想が必要なのか?
・DX新事業プロジェクト研究の概要

視聴方法:開催の3日前を目処に、接続先のURLをメールで送付いたします

※ウェビナーはWeb会議システム「Teams」を利用して実施いたします
※安定したインターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます

視聴費用:無料

主催:学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学 事業構想研究所