― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. 教育・研究
  4. /

  5. 教員
  6. /

  7. 松行 輝昌

松行 輝昌

松行 輝昌

(まつゆき てるまさ)
客員准教授
国立大学法人 大阪大学共創機構イノベーション戦略部門
人材育成室長・特任准教授(常勤)

大阪
ワークショップリーダーシップアントレプレナーシップ発着想構想案新規事業地域活性イノベーションベンチャー・起業事業戦略

略歴

横浜国立大学講師、大阪大学学祭融合教育研究センター准教授、全学教育推進機構准教授などを経て現職。イノベーション、アントレプレナーシップ、リーダーシップ教育に加えてスタートアップ支援を行っている。アクティブラーニングを積極的に行い、学生が本づくりを行うショセキカプロジェクトでは学生が企画した『ドーナツを穴だけ残して食べる方法』(日経ビジネス人文庫、2019年)が出版された。建築家との集合住宅プロジェクト、商店街活性化プロジェクト、地域活性化プロジェクトや衛生工学研究者、国際NGOとのミャンマー中央乾燥地域でのソーシャルビジネスプロジェクトなど異分野のプロフェッショナルとの共創を実践してきた。第21回日本地域学会学会賞、大阪大学総長顕彰、大阪大学賞など受賞多数。2018年度日本建築学会設計競技審査員。

主な著書・論文

『地域社会圏主義』LIXIL出版 2012年(共著)
『ソーシャルイノベーション』丸善出版 2011年(共著)
” Nurturing entrepreneurs: How do technology transfer professionals bridge the Valley of Death in Japan? ” Technovation 2020(共著)
“University-Industry collaborative entrepreneurship education program as a trading zone” Technology Innovation Management Review 2018(共著)
「空間デザインと知識」 ナレッジ・マネジメント研究 2016年
「地域医療連携における知識コミュニティの形成とアントレプレナーによる価値創造」 ナレッジ・マネジメント研究年報 2013年
「ハイテク産業集積の新しいモデル‐ユタ大学の事例」 地域学研究 2012年