1. home
  2. イベント
  3. 訪日外国人観光客プロモーション講座~アメリカ編~

Eventイベント

訪日外国人観光客プロモーション講座~アメリカ編~

イベント概要

政府が訪日外国人観光客数4000万人を目標に掲げる中、日本中の自治体・民間企業が、翻訳対応やコンテンツの充実など、積極的なインバウンド施策を行っています。しかし翻訳したウェブサイト等の準備は進めていても、現地の文化・慣習を知らないことや、現地人にとって魅力的に思える表現で情報発信を行う術を知らないために、十分な成果に結びついていない地域が大半であることは、皆様も実感するところではないでしょうか。
本セミナーでは、9割以上が個人(FIT)であるアメリカ人観光客に絞って、成功に繋がるプロモーションのポイントについて紹介します。アメリカ人に設定したのは、訪日客数が東アジア以外の国で初めて100万人を突破し、旅行消費額も中国、台湾、韓国に次ぐ規模を有するにもかかわらず、アジア圏と比較して情報を得る機会が限られるからです。
ぜひ、この機会を有効に活用いただき、日々の業務に活かしていただきたいと思います。

セミナーの概要

  • 日 時:4月24日(月)15:00~17:00
  • 会 場:事業構想大学院大学
  • 講 師:内野伸子氏(M-Cross International Corporation Co.,Ltd代表取締役)
  • 対 象:自治体観光課、民間企業インバウンド担当者、DMO担当者など
  • 定 員:30名(応募者多数の場合は抽選となります。)
  • 締 切:4月16日(日)
  • 費 用:無料

講師プロフィール

大阪出身。留学のために18歳でアメリカに移住。ハワイでホテルマネージメントを学び、卒業後、ハワイのPACIFIC BEACH HOTELで、マネージメントとして就職。ロスに移動のために退職。ロスでは、日系コンサルティング会社、株式会社日本LCAの現地法人にて、ホテル開発に従事する。その後、株式会社日本LCAの子会社である、株式会社ベンチャー・リンクの現地法人に移動、ベンチャー・リンクでは、中小企業の日米間のビジネスの支援サービスをメインで行う。2002年に独立、現在に至る。

ページ先頭へ