― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. セミナー・説明会
  4. /

  5. カーボンニュートラル新事業プロジェクト研究説明会

説明会 プロジェクト研究 セミナー オンライン 8/17、8/23開催

カーボンニュートラル新事業プロジェクト研究説明会

背景

脱炭素社会の実現に向けての国際社会の大きなルールの変化や、EVシフトによって、100年に一度とも言われる大変革の時代に入っています。

 

多くの企業が2050年、2030年の長期の脱炭素経営ビジョンを掲げる中で、カーボンニュートラルの目標達成のためには、既存事業の転換や新規事業創出は避けられないという声も多く伺います。

既存事業の転換、新規事業の創出のためには、2050年に向けた社会や価値観の変化を見据えながら、バックキャスティングで自社の構想を立てていくという視点が必要不可欠です。

 

本学ではこの度、カーボンニュートラルによる社会の変化を予測する情報・知見を提供しつつ、自社の業態転換、新事業の創出を目的としたプロジェクトを発足いたします。

ご関心のある方は、ぜひ説明会へご参加ください。

◆カーボンニュートラル新事業プロジェクト研究 概要

期間:2022年10月~2023年3月開催予定 月2~3回 4時間/回  全12回予定

場所:事業構想大学院大学 東京校・オンライン ハイブリッド開催

主催:学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学 事業構想研究所

定員:15名まで(最少催行人数10名)

対象:・カーボンニュートラルによる社会変化の中で生まれる新産業・新需要を予測し、

   中長期的な経営戦略を策定したい方

   ・カーボンニュートラルをチャンスと捉えて新事業開発に取り組みたい方

カーボンニュートラル新事業プロジェクト研究のポイント

カーボンニュートラルに関する知見を得ながら、新事業を構想できる独自のプログラム

環境・エネルギー産業分野の成長戦略策定アドバイザーを長年務める本学の教授が参加者一人ひとりの中長期経営戦略、新事業の構想の策定をファシリテート。

カーボンニュートラルに関する政策や最新動向・知見を得られる機会を提供

カーボンニュートラルの政策策定に関わる省庁担当者や、先進的な構想を持つ企業などを多数招聘し、参加者一人一人の構想を先進的にしていくための機会を提供いたします。

組織で提言するための経営戦略・新事業の構想計画書を策定

本プログラムは、必ず一人一つカーボンニュートラルの社会変化を見据えた経営戦略・新事業の構想計画書の策定いただくことを修了要件としております。構想計画書は組織内での提言、実践を念頭に策定をいただきます。

登壇者

早川 典重
(はやかわ のりしげ)
事業構想大学院大学 特任教授 羽神の森 代表取締役 はがみの森デザインCEO

早稲田大学 政治経済学部卒業後、三井物産 に入社。機械、プロジェクト、情報 産業部門で、新規事業責任者として、コマツ物流改革、コマツオーストラリア、三井マキナリアペルー
(現コマツ・ミツイマキナリアペルー)、藤沢サスティナブルスマートタウン、中国でのビル省エネエンジニアリング事業・北京泰豪科技、知財ファンドIP Bridge設立や港湾・通信等150以上のプロジェクトに携わり、数々の新会社・ 新事業を立上げ、軌道にのせる。屋久島在住。

知的財産を使った独自の視点で新規事業と経営戦略を提案するBusiness Architectとして、日本のリーティングカンパニーのアドバイザーにとどまらず、日米並びにシンガポールのスタートアップ・VCのフェローとして活躍中。2017年以降2021年まで5年連続でThe World Leading IP Strategist 300 (iam300)に選出されている。

 

セミナー&説明会お申し込み