― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. セミナー・説明会
  4. /

  5. 【完全オンライン開催】えひめ南予きずな博~南予で実現する新た...

イベント オンライン 2021年4月25日(日)開催

【完全オンライン開催】えひめ南予きずな博~南予で実現する新たな働き方デザイン~​

背景

ここ数日の新型コロナウイルスの感染状況を踏まえまして、

【会場参加を中止】とし、完全オンラインで開催することを決定いたしました。

なお、プログラム内容に大きな変更はございませんのでご安心ください。

 

 コロナ禍によって様々な活動の制限が生まれた反面、テレワークの積極的な導入や人々の意識の変化によって「働く場所」や「働き方」は以前に増して多様化してきています。​「ワーケーション」「二拠点・多拠点居住」「地方移住」など、自分の好きな場所で働くことが実現しやすくなり、デジタル化やSNSの台頭などで新たな仕事に挑戦できる機会も増えています。​

 

 本イベントでは、新たな働く選択肢を見つけるきっかけ作りと、多様な働き方を受け入れる南予地方(愛媛県南部)の魅力について紹介してまいります。​第一部では働く場所に捉われない「旅するwebデザイナー」mikimikiさんと首都圏から南予に移住して働くことを決めた2名によるトークセッションを行い、「首都圏で働く」「地方で働く」「場所に捉われずに働く」など、それぞれの働き方に迫ります。​第二部では南予地方の魅力を地域の方々から紹介いただくとともに、現在愛媛県が進める魅力的なワーケーションプランについてご案内いただきます。最後には特別なプレゼント企画も発表されますのでぜひお楽しみに!​

開催概要

日時 : 2021年4月25日(日) 13時~15時30分(予定)

※アーカイブ閲覧期間・お申込期限:5月11日(火)まで

対象 : ワーケーションに興味がある​方

地方への移住・定住に興味がある​​方
2拠点・多拠点居住に興味がある方​
新しい働き方を模索している方​
愛媛県にゆかりのある方

主催 : えひめ南予きずな博実行委員会

共催 : 学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学

参加費 : 無料(事前申込必須)

参加方法 : オンライン参加/アーカイブ視聴(会場参加は中止となりました)

  参加方法の詳細

  参加方法は下記のうちいずれかになります。

  ●オンライン参加(Zoom)

  第三部 コミュニケーションブースにて個別相談をご希望の方は申し込みフォームにチェックをお願い致します。
  なお空き枠がある場合当日申し込みも可能です。

  5日前と当日の朝に、接続先のURLをメールで送付いたします。

  ●アーカイブ視聴

  4月27日を目処に視聴URLをメールで送付いたします。

 

【お問い合わせ】
  事業構想大学院大学 イベント担当
  Tel: 03-6278-9031
  Mail:webinar-inquiry@sentankyo.ac.jp

えひめ南予きずな博とは

西日本豪雨災害からの復興の過程で生まれた絆の強化や交流の持続的拡大をはじめ、Withコロナ時代に密を避け豊かな自然の中で心や体のいやしを求めて訪れる人々、人手不足の生産現場を手伝いに来てくれる人々など、様々な来訪目的やニーズに応じた受入体制の構築や魅力づくりを進めることで、南予からWithコロナ時代の新たな交流を生み出すという願いを込めて、“南予から発信する「えひめシフト!!」”をコンセプトに令和3年7月から12月の6カ月にわたり愛媛県南予地域の9市町で開催する広域連携イベントです。

プログラム・登壇者

13:00〜13:10

オープニング

13:10〜14:05

第一部 トークセッション「旅するwebデザイナー」と地方移住者が語る新たな働き方のデザイン

14:10〜15:00

第二部 トークセッション 南予地方の魅力とワーケーションプラン

15:00〜15:30

第三部 オンライン上でのグループトーク&個別相談

第一部トークセッション
 「旅するwebデザイナー」と地方移住者が語る新たな働き方のデザイン

扇田 美紀 (mikimiki) 氏
(おおぎだ みき
株式会社Ririan&Co. CEO クリエイティブWebデザイナー

2014年フリーランスのWebデザイナーとして独立後、2020年株式会社 Ririan&Co.を設立。webデザイン・webマーケティング、売り上げアップについてアドバイスやコンサルティングを行う。
【学び】に特化した登録者数4万人のYouTubeチャンネル「mikimiki web school」の運営や、オンラインスクール「Ririan School」などWebデザイナーを目指す方のサポートを精力的に行う。

板垣 義男 氏
(いたがき よしお
一般社団法人 えひめ暮らしネットワーク 代表理事

もともと東京での広告会社に勤務していたが、2011年の東日本大震災をきっかけに妻の出身地である松山市へ移住。松山市内の出版会社を経て、えひめ移住コンシェルジュとして県内の移住促進事業に従事。一般社団法人えひめ暮らしネットワーク代表理事。

シーバース 玲名 氏
(しーばーす れいな
愛媛県西予市野村町 地域おこし協力隊

神奈川県藤沢市で生まれ育った、日本とアメリカのハーフ。2018年7月豪雨災害支援をきっかけに、愛媛県へ。ちいさな田舎町の家族のようなあたたかいコミュニティに惹かれ、移住。2019年10月より地域おこし協力隊として、イベント企画運営、空き家活用、情報発信などの活動に従事。現在は西予市野村町にゲストハウス”entohouse”を立ち上げるべく、日々奮闘中。

【モデレーター】

河田 洋平
(かわだ ようへい
事業構想大学院大学 事業構想研究所 客員研究員
株式会社スキヤキッド 代表取締役社長

大手経営コンサルティング会社にて勤務後、約3年間世界一周の旅をして400以上の都市を巡り歩く。2016年に帰国し、「世界における日本文化の価値再創造」を人生のミッションに置き、地方で埋もれていく日本文化の価値をよみがえらせるべく、地方創生事業を開始。2017年に株式会社スキヤキッドを設立した。
東京を拠点にしつつ、地方創生に特化して地域ビジネスの立ち上げや観光コンテンツの造成、地域の魅力発信などの支援を行っている。半年間以上伴走するプロジェクトだけでもこれまでに15地域以上に携わる。

第二部トークセッション
 南予地方の魅力とワーケーションプラン

納堂 邦弘 氏
(のうどう くにひろ
ミカタスイッチ株式会社 代表取締役

アメリカで生まれ、大阪で育つ。国際協力NGOに所属し、東南アジアの農業支援などを行う。2011年3月の東日本大震災後、現地での支援活動にも関わる。2014年10月、愛媛県内子町の地域おこし協力隊に着任。道の駅「小田の郷せせらぎ」の活性化をミッションに、地元の農産物などを使った特産品ブランド「オダメイド」を立ち上げる。2017年10月、ミカタスイッチ株式会社を設立。「オダメイド」の製造販売のほか、食事処「かじか亭」やキャンプ場運営などを手がける。

井上 陽祐 氏
(いのうえ ようすけ
一般社団法人キタ・マネジメント 事業課長 兼 ㈱KITA 代表取締役

愛媛県大洲市出身。2012年双日㈱入社後、海外人材採用担当やベンチャー企業への出向を経験し、2017年に30歳を機に帰郷。同年から大洲市の地域DMOである一般社団法人キタ・マネジメントの立ち上げに従事し、翌年2018年より同社の不動産機能を担う株式会社KITAの代表取締役に就任。㈱KITAにて地域の古民家を活用したホテル「NIPPONIA HOTEL 大洲 城下町」の開発やブライダル会場整備、ショップ誘致、コワーキングスペース整備などを実施している。

種田 慶 氏
(たねだ けい
ANAあきんど株式会社 地域創生部 マネジャー

2004年全日本空輸株式会社入社。コールセンター・営業・客室乗務員・空港スタッフとして勤務の後、インド2回の海外駐在(デリー・チェンナイ、総務・営業業務ならびに新規路線開設事業)および地域創生(主にワーケーション・新規事業開発)に従事。2021年4月より現職。2017年早稲田大学大学院 商学研究科(現:経営管理研究科)卒業(MBA)学生時代よりライフワークで海外を一人旅しており、約20年で99か国を訪問。

織田 竜輔
(おだ りょうすけ
事業構想大学院大学 メディア共創部 部長
月刊事業構想/月刊先端教育 編集長

2012年事業構想大学院大学出版部入職。
2014年月刊事業構想編集長。
2019年月刊事業構想、月刊先端教育、編集主幹。
2020年10月より月刊事業構想編集長、月刊先端教育編集長。

※登壇者については、追加変更の可能性があります。

第三部
 コミュニケーションブース(オンライン上)でのグループトーク&個別相談

テーマごとに会場とオンライン上にブースを設け、トークセッションで聞き逃したことやもっと知りたいことを聞くことができます。
①地域移住者とのオンラインコミュニケーションブース(zoomにて実施) 【会場参加者&オンライン参加者】
②担当者とオンライン上で個別相談!移住・定住、ワーケーション、2拠点・多拠点居住の個別相談ブース

※②の個別相談をご希望の方は申込フォーム下部の「質問・連絡事項」欄にその旨をお書きください。 担当者より個別にご連絡させていただき、別日で個別相談の機会をオンラインで設けさせていただきます。

 

お申し込み