MENU CLOSE

セミナー 名古屋 2020年1月15日(水)

新規事業アイデア開発

新規事業を構想する時、既存事業の改善を図る時、共通して必要な力は物事の本質をあらゆる視点から観察し突破口を見出す力と、そこからスピードを持ってアイデアを創造できる発想力に他なりません。本ワークショップでは知っていてもほとんどの人が使うことができていない発想から構想までの手法の一部を体験し、自らの体験とチームの体験を融合し、発・着・想を行うことのできる「事業構想脳」とはどんなものなのかを解説するとともに体験していただくことを目的とします。

登壇者

渡邊 信彦
(わたなべ のぶひこ)
事業構想大学院大学教授、株式会社 Psychic VR Lab 取締役 COO、北海道共創パートナーズ エグゼクティブアドバイザー、地方創生音楽プロジェクトOne+ Nation Founder

大手Sier にて金融機関のデジタル戦略を担当、2006年執行役員、2011年オープンイノベーション研究所所長を歴任、その後、起業イグジットを経て、Psychic VR Labの設立に参画。2017年2月取締役COO就任、現職。また政府主導のスタートアップベンチャーである日本人材機構の立ち上げメンバーとして事業の立ち上げを行った後、現在は子会社として設立された北海道共創パートナーズのエグゼクティブアドバイザーとして地方企業のITイノベーションプロジェクトに関わる。

概要

日時:2020年1月15日(水)14:30~17:00

会場:名古屋 事業構想大学院(名古屋駅直結)

費用:無料(事前登録制)

定員:40名

お申し込み