― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. セミナー・説明会
  4. /

  5. シティプロモーションフォーラム

フォーラム オンライン 2020年10月21日(水)

シティプロモーションフォーラム

新型コロナウイルスの影響により未だに様々なイベントが中止になっています。そのような状況下で地域活性化や観光振興を図るには今までにない新しい方法でシティプロモーション方法を考案する必要があります。本フォーラムでは、新時代における地域の魅力を発信するためのヒントやブランド作りのプロモーション体制を作り上げるヒントを提供いたします。

講演内容

長門市における地方創生の取組み

長門市は平成17年に1市3町が合併し現在は人口約3.3万人の小さな自治体です。山口県の北部に位置し、海と山に囲まれた豊かな自然と5つの温泉地を有し、農林水産業や観光産業が主要産業となっています。近年は、道の駅の新設や温泉街の再生、通信インフラの整備などを進めつつ、令和元年には日立システムズ株式会社と包括連携協定を締結しており、これら本市における地方創生に向けた取組をご説明します。

江原 達也 氏
(えはら たつや
長門市長

1963年生まれ。1986年第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行し、法人融資・営業企画・財務を担当。岡山県倉敷支店長を経て、みずほヒューマンサービス株式会社を2016年に退職。長門市に帰郷後、2017年4月から2019年5月まで市議会議員を務め、2019年11月より長門市長。現在1期目。

長門市のICTを活用した観光振興の取組み

長門市は5つの温泉地やアメリカの放送局CNNで取り上げられインバウンド観光客も多数訪れる元乃隅神社など、多様な観光資源を有しています。令和2年4月には、星野リゾートとの協業による長門湯本温泉街のリニューアルが完了し、持続的な観光地経営に向けた取組を進めています。Withコロナ・Afterコロナに向けた新たな観光地としての取組やICTを活用した観光デジタルマーケティングの取組をご説明します。

田村 富昭 氏
(たむら とみあき
長門市経済観光部理事

1980年生まれ。2005年経済産業省に入省し、石油産業や繊維、伝統的工芸品産業等の振興、地球温暖化対策、東日本大震災関係の税制特例等の整備など担当を経て、2018年より現職。長門湯本温泉再開発事業や商業・観光等の産業支援を担当するとともに、新型コロナウィルスに対応した緊急経済対策等を担当。

日立システムズの観光ICTを通じた地方創成の取組み

日立システムズは、自治体向けトータルソリューション「ADWORLD」をはじめとして、全国200団体を超える自治体様に対し日立グループの総合力を生かし、新たな価値の提供にチャレンジしております。今回、長門市様と取り組んできた観光ICTの取組みをさらに発展させ、「旅まえ」「旅なか」「旅あと」のあらゆるタッチポイントから得られるデータを活用し、集客・送客・周遊性向上による観光地活性化をめざします。

渋谷 透 氏
(しぶや とおる
株式会社日立システムズ クラウドサービス事業部 本部主管

1963年生まれ。1985年(株)日本ビジネスコンサルタント(現株式会社日立システムズ)に入社し、民間・公共・ITプラットフォームそれぞれの営業部門にて主に新規顧客開拓と新市場開拓を担当。2020年4月に現職に就き、営業経験を活かしたインキュベーション活動を推進している。

開催概要

日時:2020年10月21日(水)13:00~16:25
対象:自治体首長、観光課、シティプロモーション担当者

自治体や企業等で地域活性に取り組む者 など

会場:オンライン開催
主催:学校法人先端教育機構
視聴方法:開催の3日前と当日の朝に、接続先のURLをメールで送付いたします。
安定したインターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。
ビデオストリーミング配信の視聴はこちらからご確認ください。

 

13:05~13:30

未定

13:40~14:05

未定

14:15~14:45

「長門市の地方創成の取組み」
長門市長 江原 達也 氏

14:45~15:05

「長門市のICTを活用した観光振興の取組み」
長門市経済観光部理事 田村 富昭 氏

15:05~15:15

「日立システムズの観光ICTを通じた地方創成の取組み」
株式会社日立システムズ クラウドサービス事業部 本部主管 渋谷 透 氏

15:25~15:50

未定

16:00~16:25

未定

お申し込み

10/7開催のSDGs未来会議
11/13開催のアグリテックフォーラムと同時にお申し込みも可能です。
希望される方は、以下フォーム内にチェックを入れてお申し込みください。