― 新事業で未来を創る ―

MENU CLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. セミナー・説明会
  4. /

  5. 【自治体DXセミナー】自治体デジタルコミュニケーションフォー...

フォーラム イベント オンライン 6月16日(水)開催

【自治体DXセミナー】自治体デジタルコミュニケーションフォーラム
~非対面コミュニケーションの 最新事例~

title

2020年12月に発表された自治体DX推進計画では、2026年までにデジタル技術やデータを活用した行政サービスの利便性向上、業務効率化などが明記されました。コロナ禍のいま、今後庁内での会議の遠隔化や住民サービスの非対面化は自治体にとってますます重要になります。本フォーラムでは、最先端デジタル技術を活用した自治体職員の働き方改革・住民サービス・産業活性の事例を、県・市・民間企業のそれぞれの最新事例から学び、実行に移すためのポイントを紹介いたします。
 
【紹介予定事例】
・会議運営(市庁舎間、部署の遠隔コミュニケーション)
・職員間の資料データ共有(クラウド活用)
・農業(ドローンとZoomを組み合わせた農作業の効率化)
・防災(カメラとZoomを連携させた低コストでの現場チェック)
・遠隔医療(医療従事者と住民のコミュニケーション)
・広報(地域イベント実況)

開催概要

日時  :2021年6月16日(水)13:00~16:00

対象  :首長、企画課、情報システム課、市民課

会場  :オンライン開催、アーカイブ配信
主催  :学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学

参加費 :無料(事前申込必須)
視聴形式:リアルタイムオンライン視聴 / アーカイブ視聴

視聴方法:開催1週間前/当日の朝に、接続先のURLをメールで送付いたします。

アーカイブ公開期間:6月21日(月)から7月5日(月)まで

  参加方法の詳細

  参加方法は下記のうちいずれかになります。

  ●オンライン参加(Zoom)

  3日前と当日の朝9:00に、接続先のURLをメールで送付いたします。

  スマホやタブレットの方はZoomアプリのダウンロードをお願いいたします。

  ご用意がない場合、「リンクが無効」という表示が出てしまいます。

  ●アーカイブ視聴

  公開期間は6月21日(月)から7月5日(月)までを予定しております。

  動画アップロードの際に改めてご連絡差し上げます。

 

【お問い合わせ】

学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学 地方創生マンスリーウェビナー担当事務局
Tel: 03-6278-9031 (10:00~17:00)
Mail:webinar-inquiry@sentankyo.ac.jp

プログラム

13:00~14:00

加賀市×Zoom×事業構想大学院大学トークセッション

14:05~14:30

アドビ株式会社

14:35~15:00

「電子県庁の実現に向けた茨城県の取組と今後のビジョン」
茨城県知事 大井川 和彦 氏

15:05~15:30

株式会社Box Japan

15:35~16:00

coming soon

登壇者

【オープニングトークセッション】加賀市×Zoom×事業構想

加賀市「スマートシティ」構想における、庁内・地域間コミュニケーションについて

宮元 陸 氏
(みやもと りく
加賀市 市長

1956年11月1日生まれ。法政大学法学部卒。衆議院議員秘書を経て1999年4月から石川県議会議員を4期務める。県議会副議長・県監査委員・県議会運営委員会委員を歴任したのち、2013年10月に加賀市長に就任。現在は2期目。ウォーキングと水泳を趣味にしている。

佐賀 文宣 氏
(さが ふみのり
Zoom Japan カントリーゼネラルマネージャー

2019年2月にZVC Japan 株式会社 (Zoom Video Communications, Inc.の日本法人)へ入社。
ZVC Japan入社前は、2013年からヴイエムウェア株式会社でパートナービジネスを統括。2006年から2013年にかけては、シスコシステムズ合同会社に在籍し、同社が買収したWebexのパートナー開拓に携わる。1992年に日本アイ・ビー・エム株式会社へ入社し、大和研究所にてThinkPadの開発部門に配属。その後は2006年まで、同社PC部門で日本およびアジア太平洋地域担当プロダクトマーケティングやパートナーセールスに携わる。
1992年北海道大学工学部修士課程を修了。

織田 竜輔
(おだ りょうすけ)
事業構想大学院大学 メディア共創部 部長
月刊事業構想/月刊先端教育 編集長

2012年事業構想大学院大学出版部入職。
2014年月刊事業構想編集長。
2019年月刊事業構想、月刊先端教育、編集主幹。
2020年10月より月刊事業構想編集長、月刊先端教育編集長。

電子県庁の実現に向けた茨城県の取組と今後のビジョン

茨城県では、テレワークや定型業務を自動化するRPAの導入を進めるとともに、電子決裁や電子申請、立会人型電子契約の推進など、DXの実現に向けた取組みを数多く実施しております。本講演では、茨城県のDX実現に向けた取組みについて、その背景や課題克服を含めた取組みの事例、取組みに当たって大切にしているポイントをご紹介いたします。

大井川 和彦 氏
(おおいがわ かずひこ
茨城県 知事

1964年茨城県土浦市生まれ。88年東京大学法学部卒、96年ワシントン大学ロースクール卒。88年通商産業省(現 経済産業省)入省。2003年退官後、マイクロソフトアジアに入社。10年シスコシステムズ専務執行役員パブリックセクター事業担当に就任、16年ドワンゴ取締役。17年9月より現職。

お申込み

同時に下記のウェビナー(録画視聴)のお申し込みも可能です。

・6/22 DXによる業務プロセスの変革と経営改革 ~国内トップランナー・成功要因の分析から自組織への活用を考える~(自治体編)

・6/23 DXによる業務プロセスの変革と経営改革 ~国内トップランナー・成功要因の分析から自組織への活用を考える~(高等教育機関編)

  ※メールアドレスがフリーアドレスの方はご視聴をお断りさせていただく場合がございます。