1. home
  2. イベント
  3. DMOフォーラム2017 in 札幌

イベント

DMOフォーラム2017 in 札幌

趣旨

DMOの現状と課題を探る(北海道編)
― 観光地経営のKPI(経済効果)を考える ―

DMOが担うデスティネーション・マネジメント(観光地経営)において重要な指標となるのが「経済効果」です。国際的には経済効果・雇用効果を表わす指標としてTSA(Tourism Satellite Account)がありますが、わが国ではあまり認知や活用がなされていません。平成10年に600万人余りだった道外からの観光客数は平成27年に780万人強まで増加し、その数は伸び続けています。この数字をどう評価し、地域経済の浮揚に向けてどのような取り組みが求められるのでしょうか。個々のDMOがカバーする対象エリアにおいて、このもっとも重要な指標に対す現実的な対応策を考えてみましょう。   

お申込みフォーム

概要

  • 日 時:11月24日(金)10:00-16:30(16:45-18:00「3C会議」関係者のみ)
  • 場 所:北海道大学 学術交流会館 2F 講堂(北海道札幌市北区北8条西5丁目)
  • 参加費:1,000円(午前の★セミナーは別途3,000円)
  • 主 催:DMO推進機構/事業構想大学院大学
  • 協 力:北海道大学観光学高等研究センター
  • 後 援:観光庁/内閣府/日本観光振興協会

プログラム

【午前の部:10:00~12:00】
9:30 開場
10:10~12:00◇★DMOマーケティング&事業立案セミナー
  
【午後の部:13:00~17:00】
13:00~開会/来賓挨拶
13:15~14:15 ◇基調講演◇「DMOの成果指標(KPI)を考える」
       大社 充 DMO推進機構代表理事
14:30~16:15◇パネル討議「観光の経済効果と地域づくり」
 パネラー 「ニセコにおける観光経済の実態と対策」
       前原 功治(ニセコ町商工観光課)
      「サイクルイベントの経済効果」
       高橋 司(北海道経産局地域経済部参事官)
      「富良野・美瑛観光圏における経済効果分析」
       松木 政治(富良野市商工観光課)
 コーディネーター 大社 充
16:15~16:30◇ラップアップ・セッション(全体討議)
16:30閉会
16:45~18:00「3C会議」
CEO(執行責任者)COO(事務局長)CMO(マーケティング責任者)限定の会議


お申込みフォーム