1. home
  2. 事業構想研究所
  3. プロジェクト研究
  4. 地域の自治体と考える新規事業構想プロジェクト研究

プロジェクト研究

地域の自治体と考える新規事業構想プロジェクト研究

~フィールドワークを重視したビジネスモデル形成~

地域の自治体と考える新規事業構想プロジェクト研究

~フィールドワークを重視したビジネスモデル形成~

趣旨

 長崎県にある大村湾の周辺には、5市5町(長崎市、佐世保市、諫早市、大村市、西海市、長与町、時津町、東彼杵町、川棚町、波佐見町)があり、大村湾沿岸部だけでも20万人、全体だと約100万人の人々が暮らしています。また、大村市にある世界初の海上空港である長崎空港は、年間300万人もの方々が利用している状況です。

 現在、大村湾周辺の5市5町では、大村市が牽引役となって広域連携を図り地域経済圏を創ろうという構想が進んでおり、各種イベントによる集客や大村湾のブランディング、民間による地域商社の立ち上げなど、色々な取り組みが始まっています。

 そこで本プロジェクトでは、自治体(長崎県及び大村湾周辺自治体)が抱える課題をテーマとして、実証実験を行いながら研究し、新たな事業を開発していきます。対象地域でのフィールドワークや定期的な地元企業・自治体・研究機関などのオブザーブ、必要に応じて地域企業との連携や提携なども視野にいれつつ、単なる理論上、机上の研究ではなく、具体的な「新規事業開発」「新商品・新サービス開発」につながる様にビジネスを構想し実現することを目指します。100万人の経済圏、利便性の高い空港、交通網があるこの地域で実証実験し、全国に展開への足がかりとなる事業を開発することを目的としています。


具体的なテーマ(課題)例

◯まちづくり
・地域の旧街道(長崎街道 “大村宿、松原宿” )の活用研究
・大村市など市街地の拡大に併せた中心市街地の空洞化対策の研究
・九州新幹線西九州ルートの「(仮称)新大村駅」設置に伴うまちづくりの研究

◯地域経済圏
・5市5町地域経済圏構想との連携による地域連携ポイントの研究
・5市5町の広域連携へのICTやAI活用研究
・5市5町地域経済圏構想を踏まえた6次産業化の研究

◯交通
・海上空港である長崎空港の民営化・24時間化の実現にむけた研究
・長崎空港と【仮称】新大村駅(九州新幹線西九州ルート)を軸とした
 次世代交通システムの研究

◯自然(水質、エネルギー、農業)
・大村湾水質改善(干潟の復活と大村湾の自浄力の関係等)の研究
・大村湾を生かした自然・再生エネルギーの研究

◯観光
・大村湾を生かした統合型リゾート(IR)開発の研究
・無人島や立地を活かしたMICE事業の研究
・大村湾での遊び(マリンスポーツ・自転車周遊等)ビジネスの研究

目的

長崎県大村湾周辺が抱える課題をテーマとし、個々の研究員が行う、具体的な「新規事業」「新商品・新サービス」の開発につながる「構想計画」づくりをサポートします。

対象

地域の活性化に繋がる事業構想を目指している方で、
・大村湾地域の課題をテーマとして新規事業をしたい方
・自身の事業構想を大村湾周辺自治体にアピールしたい方
・今までとは違った新しい発想・着相・想像で事業構想したい方

担当教員プロフィール

渡邊 信彦わたなべ・のぶひこ
事業構想大学院大学 特任教授
株式会社 Psychic VR Lab 取締役 COO
株式会社 日本人材機構 メディア統括ディレクター
協力:株式会社大村湾商事 (地域商社)
   及び、大村市を中心とした、長崎県大村湾周辺自治体
   地元企業など 

ポイント

事業構想を専門とする大学院教員と地元大村湾周辺に強力なコネクションを築く地域商社に加え、マーケティングコミュニケーションズ・ブランディング・アイデア創出・新規事業開発など多数の専門家や地元自治体トップをゲスト講師に招聘し、研究員同志のディスカッション、フィールドワークを通じて独自の構想の構築、実現を1年間に渡って支援します。

プログラム

回数内容
8回趣旨、課題の共有、現状分析 / 発・着・想
・課題共有とチームビルディング
・課題抽出の演習と実課題の明確化
・アイデア発想法ワークショップ
・研究対象企業からのゲスト&ディスカッション
・振り返り
8回構想案 / 事業構想力
・ビジネスモデルの策定法解説及び構築
・ビジネスモデルの策定演習
・中間発表に向けた討議
・構想案の中間発表及び討議
・最新リサーチ手法、マーケティング戦略
8回構想計画
・フィールドリサーチを踏まえた構想計画討議
・ファイナンスの基礎 財務知識
・事例研究 ゲストスピーチ
・構想案討議 最終発表に向けた討議
構想発表・最終構想発表会 (研究員各自のテーマによる) ゲスト出席

概要

・開始:2018年9月
・募集〆切:2018年8月24日
 注:定員になり次第、応募を締め切ります。(最大20名)

費用

研究参加費用 120万円(消費税別)


お問合せ、資料請求などは下記フォームよりお願い致します。


資料請求・お問合せ