1. home
  2. 事業構想研究所
  3. プロジェクト研究
  4. 大村湾活性化のための新たな事業構想

プロジェクト研究

大村湾活性化のための新たな事業構想

~フィールドワークを重視したビジネスモデル形成~

大村湾活性化のための新たな事業構想

~フィールドワークを重視したビジネスモデル形成~

趣旨

目的

長崎県大村湾周辺が抱える課題をテーマとし、個々の研究員が行う、具体的な「新規事業」「新商品・新サービス」の開発につながる「構想計画」づくりをサポートします。

本プロジェクトの説明会についてはこちらをご確認ください。

対象

地域の活性化に繋がる事業構想を目指している方で、
・大村湾地域の課題をテーマとして新規事業をしたい方
・自身の事業構想を大村湾周辺自治体にアピールしたい方
・今までとは違った新しい発想・着相・想像で事業構想したい方

担当教員プロフィール

渡邊 信彦わたなべ・のぶひこ
事業構想大学院大学 特任教授
株式会社 Psychic VR Lab 取締役 COO
株式会社 日本人材機構 メディア統括ディレクター
協力:株式会社大村湾商事 (地域商社)
   及び、大村市を中心とした、長崎県大村湾周辺自治体
   地元企業など 

ポイント

事業構想を専門とする大学院教員と地元大村湾周辺に強力なコネクションを築く地域商社に加え、マーケティングコミュニケーションズ・ブランディング・アイデア創出・新規事業開発など多数の専門家や地元自治体トップをゲスト講師に招聘し、研究員同志のディスカッション、フィールドワークを通じて独自の構想の構築、実現を1年間に渡って支援します。

プログラム

回数内容
8回趣旨、課題の共有、現状分析 / 発・着・想
・課題共有とチームビルディング
・課題抽出の演習と実課題の明確化
・アイデア発想法ワークショップ
・研究対象企業からのゲスト&ディスカッション
・振り返り
8回構想案 / 事業構想力
・ビジネスモデルの策定法解説及び構築
・ビジネスモデルの策定演習
・中間発表に向けた討議
・構想案の中間発表及び討議
・最新リサーチ手法、マーケティング戦略
8回構想計画
・フィールドリサーチを踏まえた構想計画討議
・ファイナンスの基礎 財務知識
・事例研究 ゲストスピーチ
・構想案討議 最終発表に向けた討議
構想発表・最終構想発表会 (研究員各自のテーマによる) ゲスト出席

開始時期 / 募集〆切

・開始:2018年4月下旬
・募集〆切:2017年12月15日 
 注:定員になり次第、応募を締め切ります。(最大20名)

費用

研究参加費用 120万円(消費税別)


お問合せ、資料請求などは下記フォームよりお願い致します。


資料請求・お問合せ